スポーツブランド攻略BLOG

NIKE (ナイキ)を中心としたスポーツブランドのHP攻略と商品情報を可能な限り紹介しております。実際に体験したこと、使用して感じたことも合わせて紹介します。ランニング、トレーニング、バスケットボール、サッカー、ライフスタイル、ゴルフ、テニス、お手入れ方法など多岐にわたる情報を記載しています。

【レビュー】透けたアッパーが軽くて水に強い!ナイキ ズーム ビクトリー 5 XC!!【ランニング】

NIKE 公式オンラインストア


じめに...
FullSizeRender
ナイキ ズーム ライバル XCと同様、今季販売されたトレイルランニング専用のシューズがナイキ ズーム ビクトリー 5 XC

大きな違いはトランスルーセントのクリアな極薄アッパー
メッシュと比べると軽量水に強いことが特徴的だ。

また、ミッドソールに内蔵されたカーボンプレートが前への推進力をアップ

更に、アウトソールの形状も僅かに異なり、ナイキ ズーム ビクトリー 5 XCは、軽さグリップ力を活かした構造となっている。

そんなナイキ ズーム ビクトリー 5 XCについて、今回は書いていきたいと思います!



イキ ズーム ビクトリー 5 XCの詳細について
FullSizeRender
商品名:ナイキ ズーム ビクトリー 5 XC

スタイル:AJ0847

価格:110ドル(約12,000円)

対応競技:クロスカントリーランニング

重量:ユニセックス27cmで約125g

サイズ感:全体的にかなりタイトであるとのレビューがUSで確認できました。足が日本人より細めなアメリカ人が普段と同じサイズでは履けなかったとなれば日本人では1cmはサイズアップすべきなのかなと感じています。トランスルーセントのアッパーはややゆとりがあるイメージですが、シュータン一体型のブーティー構造が足の甲周りもタイトにしている可能性ありです。

素材→アッパー:合成繊維、合成樹脂
   ミッドソール:クシュロン
   アウトソール:合成底





ーポイント
e7e38fc6075ba15493bbcad6b2ee7a8c_s
■トランスルーセントのクリアなアッパーが軽量性、通気性、水への耐性を提供
FullSizeRender

最近ナイキで流行とされているクリアなトランスルーセント素材をアッパーに採用しています。

トランスルーセント素材の特徴は、軽くて通気性があり水、風への耐性が強いことがあげられ、過酷なロケーションでのランニングが想定されるクロスカントリーランニングにピッタリな素材となっています。

水、風への耐性=通気性が低いのでは?と感じるかもしれませんが、マイクロレベルの通気孔が水、風の侵入を防ぎます

また、吸水性が低いので水や汗を吸ってシューズの重量が上がる心配がないというのが嬉しいポイントです。


■シュータン一体型のブーティー構造がブルれない走りを可能にする
FullSizeRender

シュータン(ベロ)部分がアッパーと一体したブーティー構造を採用しています。

サイズ選択が難しいことが難点ですが、サイズがビタっとハマった時はブレない安定した走りが可能となります。

足がブレないという点は、クロスカントリーランニングでは非常に重要で、後半バテた際に力を発揮してくれるはずです。

安定感は、険しいコースであればある程大切な要素だと思うので、細かい箇所かもしれませんが要チェックポイントだと思います。


■柔らかいクシュロンミッドソールにカーボンプレートを内蔵したミッドソール
FullSizeRender

長い距離と過酷なコースを快適に走り続けられるようクッション性に優れたクシュロン素材をミッドソールに採用しています。

まだ、そのクシュロン素材にカーボンプレートを挟むことで前への推進力をプラス
イメージはネクスト%ズームフライのような走り心地です。

柔らかいのに反発性を感じる走り心地ナイキ ズーム ビクトリー 5 XCならでは。

ナイキ ズーム ライバル XCとの大きな違いとなっています。


■6本のスパイクピンと高さの違う段差のついたパターンが抜群のグリップ力を生む
FullSizeRender

6本のスパイクピン
アウトソール全体的に配置されている高さの違う凸部分が地面をグッと捉えた抜群のグリップ力を発揮してくれます。

6本のスパイクピンは取り外し可能となっていますが、あくまでお手入れ用。
交換ピンの付属や別売はないため、注意して下さい下さい。

また、高さの違う凸部分がアウトソール全体に配置されている点もナイキ ズーム ライバル XCとの大きな違いです。

ナイキ ズーム ビクトリー 5 XCのアウトソールは、グリップ力重視となっています。

いごに...
a83b43e5a8e136d176ad4009fa91f810_s

ナイキ ズーム ライバル XC通気性と耐久性重視のアッパー、柔らかいクッション性重視のクシュロンミッドソール、ハニカムパターンの耐久性とクッション性重視のアウトソール


ナイキ ズーム ビクトリー 5 XC通気性と耐水、風性に優れたアッパー、クッション性と反発性を両立させたミッドソール、グリップ力重視のアウトソール

上記がナイキ ズーム ライバル XCナイキ ズーム ビクトリー 5 XC主な違いとなります。

クロスカントリーランニングは、レースによって大きくコースが異なるため、より自身の体、走りに合ったシューズを選択する必要があります。

ナイキ ズーム ライバル XCの記事と本記事を参考に自身に最適な方を選択して頂けると嬉しいです。

ただ、ナイキ ズーム ビクトリー 5 XC国内正規店未展開シューズ。。。
展開となる日を待ちつつ、知識を蓄えたいと思います!!


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

当ブログ 陸上関連記事一覧

当ブログランニングシューズ関連記事一覧

サイズについて

シューズの長持ち方法




NIKE 公式オンラインストア

【レビュー】マイナーなんて言わせません!ナイキ プレシジョン Ⅲ!!【バスケットボール】

NIKE 公式オンラインストア


じめに...
FullSizeRender

合成繊維のメッシュを使用した軽量なアッパー厚手でソフトな足首部分

反発性が高いファイロン素材のミッドソール

円形とジグザグなヘリンボーンパターンが特徴のグリップ力が高いアウトソール

などなど価格と反比例な機能が特徴となっています。

そんな、ナイキ プレシジョン Ⅲについて紐解いていきます!


スポーツブランド攻略BLOGオススメ記事一覧

当ブログバスケットボール関連記事一覧

ナイキ プレシジョン Ⅲ icon

サイズについて

ナイキバスケットボールシューズの足型について

シューズを長持ちさせるには?


イキ プレシジョン Ⅲの詳細について
FullSizeRender

スタイル:AQ7495

価格:9,000円(税抜)

オススメポジション / プレースタイル:オールラウンド、全ポジション、プレースタイルに対応

足幅(ラスト):EPではないグローバルラスト

アウトソール:XDRではないアウトソール

サイズ感:EPではない細めのグローバルラストなのでタイトな印象です。厚手の足首部分も影響し全体的にタイトなサイズ感なので0.5cmサイズアップがオススメです。普段ナイキのグローバルラストバッシュを使用している方は同じサイズでOKです。

素材→アッパー:合成繊維、合成樹脂、合成皮革
           ミッドソール:ファイロン
           アウトソール:合成底





ーポイント
e7e38fc6075ba15493bbcad6b2ee7a8c_s

■軽量なメッシュで快適性、適材適所に配置されている合成樹脂でサポート性を提供
FullSizeRender

シンプルな合成繊維のメッシュ素材で軽量
通気性のある快適性を重視したアッパーに仕上がっています。

特に軽量であることは大切で、9月25日に展開予定のエア ジョーダン 34 PF同様、現代バスケのゲームスピードを踏まえたメンズ27cmで約320gという軽量なシューズとなっています。

また、前足内側靴紐を通す部分合成樹脂を被せています。
前足内側部分は負荷がかかるつま先の耐久性アップ靴紐を通す部分は足の甲をガッチリと固定しブレないプレーを可能とするため、合成樹脂を被せているのです。


■厚手のソフトな足首部分が快適性と安定性を生む
FullSizeRender

足首部分には厚手のクッション素材が配置されているため、快適な使用感となっています。

また、足首部分が厚い=ホールド感が高いシューズと言え、大柄な選手でも足がブレない安定感がナイキ プレシジョン Ⅲにはあります。

他のシューズと比べてもかなかなり厚手の素材となっているため、非常に快適ではあるのですがサイズ感には注意しましょう。

シューズによっては足首部分が影響して、履く事が出来ないという声もあるくらいなので、できれば試し履きしてほしいと思います。


■ファイロン素材のミッドソールが反発力をもたらす
FullSizeRender

ミッドソールには、ナイキバスケットボールシューズに多く用いられている反発性の高いファイロン素材を採用しています。

加速ジャンプ細かいステップなど前、上への動きを後押しし、いつも以上のプレーが可能です。

また、ファイロン素材軽量な素材としても有名で、ナイキ プレシジョン Ⅲメンズ27cmで約320gという重量はアッパーはもちろんですが、このファイロン素材も一役を担っています。


■円形&ヘリンボーンパターンが合体したアウトソールが抜群のグリップ力を生む
FullSizeRender

やや深めの円形ニシンの骨に似てることから名付けられたヘリンボーンが組み合わさったパターンが、グリップ力の高いアウトソールに仕上がっています。

また、XDRではないやや柔らかいアウトソールとなっているので、足に力のない部活生でも室内でしっかりグリップの効いた状態でプレーする事が可能です。

ナイキとしてはXDRであろうがなかろうが室内でプレーできると言っているようですが、使用者としては気になるポイントですよね。。。


いごに...
a83b43e5a8e136d176ad4009fa91f810_s

ナイキ プレシジョン Ⅲは、販路はやや限られてはいますが、価格とそれに反する機能面から向上心が高い部活生にオススメな一足だと思います。

ただ、どちらかというと自身が好きなプレイヤーのシグネチャーシューズやアルファダンクやライズをメインシューズとして使用し、そのシューズを長持ちさせるための併用シューズとしての活用が、効率的かなと個人的に感じました。

これからバスケを始める部活生であれば、まずはメインシューズとして使用し、ナイキバスケットボールシューズの使用感を感じるのもGOODだと思います。

ナイキ直営店、NIKE.comでは取り扱いのないシューズとなっているので、正規代理店で見かけた際は、本記事を参考に試し履きしてみて下さい!!


スポーツブランド攻略BLOGオススメ記事一覧

当ブログバスケットボール関連記事一覧

ナイキ プレシジョン Ⅲ icon

サイズについて

ナイキバスケットボールシューズの足型について

シューズを長持ちさせるには?




NIKE 公式オンラインストア

【耐久性】ナイキランニングシューズの耐久性【ランニング】

NIKE 公式オンラインストア



じめに...
【耐久性】ナイキランニングシューズの耐久性【ランニング】

たまには、少し毛色が違う記事を...と指を動かしています。

マラソングランドシップ(MGC)でまた一段と注目されているナイキ。

新規ユーザーをどんどん取り入れている印象です。

テレビの前でピンクのシューズが気になった方も多いのではないでしょうか? 

ナイキでは数多くのランニングシューズを展開しているため、新規ユーザーはどれが自分に合っているのか分からないと思います。

その中でもシューズの寿命は、経済的にも気になるポイントです。

そこで、メーカー推奨のナイキランニングシューズの寿命をまとめてみたので、参考にしてみて下さい。


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

当ブログランニング関連記事一覧

ナイキランニングシューズ一覧 icon

サイズについて

シューズの長持ち方法





イキ推奨ランニングシューズの寿命まとめ
cfaf4710b9655bad586bc609f266d438_s

ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%
平均寿命:約400km
アッパーの軽量化により4%と同じ本体重量でズームXの増量に成功。
その結果寿命が倍以上UP。

ナイキ ヴェイパーフライ 4%
平均寿命:約160km
かなりの短命。
練習での使用は控えましょう。

ナイキ リアクト搭載ランニングシューズ
平均寿命:約800〜1000km以上
1000km以上走っても新品同様との声多数。
反発、クッション、耐久、軽量性全てを高水準で備えている万能なランニングシューズ。

ナイキ ズーム フライシリーズ
平均寿命:約800km
リアクト+フルレングスのカーボンプレートの構造でややリアクト単体のシューズより寿命は短め。

ナイキ ズーム ペガサス ターボシリーズ
平均寿命:約600km
足裏がズームX、地面に接する面がリアクト。
ズームX単体よりリアクトが加わったことで寿命UP。
使用者によっては800km以上使用できた例も。

ナイキ エア ズーム ボメロ 14
平均寿命:約800km以上
リアクト+フルレングスエアズーム搭載の特殊な構造のシューズ。
リアクトのみではないため少し寿命が下がるようです。

ナイキ ジョイライド ラン フライニット
平均寿命:約600km
新作なので情報薄めです。
テストを600km実施しているとのことで600kmに設定しています。

その他ランニングシューズ
平均寿命:約480〜800km
かなり幅は広いが、一律上記寿命に設定しているようです。
前足ズームはフォアフット向け、ヒールズームはヒールストライカー向けなどランナーと商品がマッチしていればより長持ちする印象です。
あとはお手入れ、シューズの併用ですね。
最低3日はシューズを休ませられる環境であれば更に長持ちすると思います。
早い方は3ヶ月程度で交換時期となるようです。。。


いごに...
a83b43e5a8e136d176ad4009fa91f810_s

購入者にとっては寿命は非常に気になるポイントです。
シビアに考える方も多いと思います。

メーカーとしても明確な情報をお伝えしたいはずですが、全ての人が同じように寿命を全うできる訳でもないので...難しい問題だと思います。

メーカーとしてはなるべく早い回転率にしたいというジレンマもありかもしれません。。。

購入者とメーカーの溝は埋まらないのかなーとも感じています。

しかし、ナイキではある程度の寿命を公開していますし、リアクトのような併用に便利な長持ちシューズの展開もあるため私自身はそこまで気にしていないというのが本音です。

また、プロランナーも練習はペガサス36やストラクチャー22、ナイキフリーと併用しているそうです。
これは、私のような素人ランナーこそ真似すべきポイントで、ナイキシューズは一足併用ごとに25%寿命が向上するそうです。

2足で50%、4足で100%(1足プラス)と結果として一足を毎日使って数キロで寿命が終わるよりもお財布に優しいベストな環境なのではと思います。

個々で金銭面、拘り、お手入れな様々だと思いますが、本記事をポジティブに受け止めて頂ければ嬉しいです。

楽しく長い間ランニングを楽しめるようサポートしたいと思う今日この頃でございました!!


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

当ブログランニング関連記事一覧

ナイキランニングシューズ一覧 icon

サイズについて

シューズの長持ち方法




NIKE 公式オンラインストア

【レビュー】ナイキ発のクロスカントリーランニングシューズ!ナイキ ズーム ライバル XC(2019)!!【ランニング】

NIKE 公式オンラインストア


じめに...
FullSizeRender
ナイキ ズーム ライバル XC(2019)は、ナイキでは非常に珍しいクロスカントリー専用のランニングシューズです。

現在展開中のナイキ エア ズーム ストリーク LT4もクロスカントリーに使用可能となっていますが、スパイクタイプのシューズではないことからクロスカントリーに特化したシューズではありませんでした。

そんな中、ナイキ ズーム ライバル XC(2019)は、湿度を考えた通気性と耐久性を重視した多層メッシュのアッパー厚手のクシュロンミッドソール6つのスパイクピンとグリップの効いたラバーアウトソールクロスカントリーに必須な要素が詰まったクロスカントリー用のシューズとなっています。

しかし、日本国内では現時点で未展開となっているシューズとのことで、販売前に機能面を妄想するための記事としてご活用下さい。


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

当ブログ 陸上関連記事一覧

当ブログランニングシューズ関連記事一覧

サイズについて

シューズの長持ち方法


イキ ズーム ライバル XC(2019)の詳細について
FullSizeRender
商品名:ナイキ ズーム ライバル XC(2019)

スタイル:AJ0851

価格:65ドル(約7,000円)

対応競技:クロスカントリーランニング

重量:ユニセックス27cmで約180g

サイズ感:つま先からヒールにかけて足全体がタイトな印象。甲の高さも低めとのことで0.5cmサイズアップするのが日本人にはオススメ。アーチの高さはスタンダードとのこと。
※NIKE USに確認済み

素材→アッパー:合成繊維、合成樹脂
           ミッドソール:クシュロン
           アウトソール:合成底
NIKE USに確認済み





ーポイント
e7e38fc6075ba15493bbcad6b2ee7a8c_s

■多層設計のメッシュアッパーが通気性と耐久性を両立させている
FullSizeRender

ナイキでいうテクスチャード加工(凹凸のある加工)のような多層メッシュ耐久性通気性を高めてくれています。

凸部分(ダイヤモンド型の外)は、伸びにくく、サイズ感が変わりにい構造なので、負荷がかかるクロスカントリーランニングで使用しても長く愛用できるシューズとなるでしょう。

また、凹部分(ダイヤモンド型の中)は、通気性が高く湿気が多い高所のランニングも快適に走り切ることを可能にします。

耐久性通気性を良い塩梅で両立するのは非常に難しいのですが、多層メッシュを採用したことで、理想に近い履き心地を実現したそうです。


■つま先、サイドのスキンオーバーレイが耐久性と目を惹くデザインになっている

FullSizeRender


FullSizeRender

画像のように合成樹脂のスキンオーバーレイと呼ばれる補強パーツがサイドとつま先に配置されています。

サイド部分は、フィット感を向上させ、不安定な足場でも足がブレず踏ん張りが効くように配置。

つま先部分は、親指の1番負荷がかかる部分を補強し破損を防ぐ効果があります。

重量を増やさぬよう薄手となっている点流れるような映えるデザインとなっている点も嬉しいポイントではと思います。


■厚手のクシュロンミッドソールが快適なランニングを後押し
FullSizeRender

クッションが語源となっている柔らかい履き心地が特徴のクシュロンをミッドソールに採用しています。

スパイクタイプのシューズの中では比較的厚手のクシュロンを配置しているので、多少荒れたコースでも対応できるようになっています。

過酷なコースほど、後半いかに力を出せるかがレースの鍵となるため、その辺を考えた構造となっています。


■6本のスパイクピンとラバーアウトソールが高いグリップ力を発揮
FullSizeRender

アウトソール前足には6本の取り外し可能なスパイクピンを搭載。

をしっかりと捉え走ることが可能です。

FullSizeRender

また、取り外し可能とありますが、交換ピンは付属、個別販売されておらず、あくまで土や泥を取り除くなどのお手入れ用となっています。

なお、前足、ヒール部分はやや柔らかいラバーを配置。

クッション性硬いコースで高いグリップ力を発揮します。

ラバーの形状は、耐久性抜群のハニカムパターン(蜂の巣型)となっています。

ハニカムパターンは、高い耐久性足が地面に着いた際にピストンすることで僅かではありますがクッション性を提供してくれます。


いごに...
a83b43e5a8e136d176ad4009fa91f810_s

ナイキ ズーム ライバル XC(2019)は、
 
クッション性>耐久性>通気性=グリップ力
 
上記順で機能をもたらすシューズだと思います。

軽さ、反発力を求めているランナーにはマッチしないかもしれませんが、
 
体を労わりつつ最初から最後まで快適に走った結果記録に繋げたい
 
こんな考えのランナーにぴったりのクロスカントリーランニングシューズではないでしょうか?

残念ながら国内正規展開はされておらず、販売を待つ状態ではありますが、ランニング大国日本で展開される日を、期待を持ちながら待ちたいと思います。

ナイキさんには、展開待ってますとお伝えしました。
力ない意見と思われているかもしれませんが、私は期待してます!


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

当ブログ 陸上関連記事一覧

当ブログランニングシューズ関連記事一覧

サイズについて

シューズの長持ち方法




NIKE 公式オンラインストア

【レビュー】安価なバッシュの3作目!ナイキ エア バーシタイル 3!!【バスケットボール】

NIKE 公式オンラインストア


じめに...
FullSizeRender

ナイキエア
を搭載しているナイキ エア バーシタイル 3は、クッション性が高く快適なプレイが可能なバスケットボールシューズです。

アッパーは前後で編み込み密度が異なる合成繊維中足部を固定する合成樹脂をメイン素材に採用。
通気性適度なフィット感が特徴的です。

ミッドソールのナイキエア以外の部分には、反発性の高いファイロン素材を配置。
どの角度から足が地面に着いても高い反発力を感じることが可能です。

アウトソールは円形のパターンとなっており、方向転換をスムーズに行うことが可能です。

今回は安価ながら機能と工夫が詰まったナイキ エア バーシタイル 3について書きたいと思います。


スポーツブランド攻略BLOGオススメ記事一覧

当ブログバスケットボール関連記事一覧

ナイキ エア バーシタイル 3
※Amazonのリンク

サイズについて

ナイキバスケットボールシューズの足型について

シューズを長持ちさせるには?


イキ エア バーシタイル 3の詳細について
FullSizeRender

商品名:ナイキ エア バーシタイル 3

スタイル:AO4430

価格:8,100円(税込)

オススメポジション / プレースタイル:全ポジション、プレースタイルに対応した汎用性があるシューズ

重量:メンズ27cmで約320g

ラスト(足型):EPではないグローバルラスト

アウトソール:XDRではないアウトソール

サイズ感:要注意なのはEPではない細めのグローバルラストということ。普段EPモデルを使用している方は0.5cmのサイズアップを検討しましょう。また、他者からの乗り換えやナイキバスケットボールシューズが初めての方もややタイトなサイズ感だと考えていいと思います。

素材→アッパー:合成繊維、合成樹脂、合成皮革
           ミッドソール:ファイロン(合成樹脂)
           アウトソール:合成底





ーポイント
e7e38fc6075ba15493bbcad6b2ee7a8c_s

■前後で編み込みが異なるメッシュアッパー
FullSizeRender

前足部分がゆとりのあるオープンな編み込み中足からヒールにかけてをホールド感のあるタイトな編み前後で編み込みを変えているのが特徴的です。

前足はゆとりを持たせることで踏み込んだ際の足の広がりに適応し、力強い蹴り出しからの加速ジャンプを可能にします。

また、核となる中足からヒール部分をタイトに編み込むことで安定感が増し、体感能力が増す効果が期待できます。

素早いプレーを得意とする方大柄でパワフルなプレーをする方などどんなプレイヤーにも対応可能なアッパーとなっています。


■ファイロン素材のミッドソールが反発性を提供
FullSizeRender

ナイキバスケットボールシューズに多く用いられているファイロン素材をミッドソールに採用しています。

ファイロンは反発性があり適度に柔らかい履き心地、使用感が特徴です。

ズームエアが内蔵されていない分、かなり厚めに配置されています。

素早い動きやジャンプを繰り返すプレイヤーにオススメな構造となっています。

また、補足とはなりますが、ファイロン素材はかなり耐久性があり通常のナイキシューズの倍以上とも言われています。

シューズの併用が難しい部活生に非常にオススメです。


■ヒールに内蔵されたナイキエアが衝撃を吸収
FullSizeRender

ヒールにはクッション性を向上させてくれるナイキエアを配置。

ヒールから着地するときなどのヒールを軸にプレイする際に役立ちます。

快適な使用感はこのナイキエアの効果と言えると思います。


■円形パターンのアウトソールが360度の動きに対応
FullSizeRender

アウトソールは円形のパターンを採用しているので、ピボットなど多方向の動作をスムーズに行えます。

円形部分を軸に動くことで、よりスムーズな動きが可能となります。

また、XDRではないやや柔らかいアウトソールなので室内でよりグリップ力を発揮してくれます。

足の力がまだ足りない部活生にオススメです。


いごに...
a83b43e5a8e136d176ad4009fa91f810_s

ナイキバスケットボールシューズの中でもかなり安価なシューズ ナイキ エア バーシタイル 3を紹介しました。

安価でありながら、部分ごとに異なる編み込みのアッパーファイロン素材、ナイキエアを贅沢に使用したミッドソールピボットを意識したアウトソールとバスケットをする上で申し分ないシューズだと思います。

また、ポジションプレースタイルの縛りがない点も嬉しいポイントです。

ただ、販路が狭く購入し難いのが難点かなと。。。
もし万が一見かけた際は、本記事と照らし合わせて試し履きして頂けるとよりシューズの良さが伝わると思いますので、是非ご参考にして下さいね!


スポーツブランド攻略BLOGオススメ記事一覧

当ブログバスケットボール関連記事一覧

ナイキ エア バーシタイル 3
※Amazonのリンク

サイズについて

ナイキバスケットボールシューズの足型について

シューズを長持ちさせるには?





NIKE 公式オンラインストア
スポンサードリンク
記事検索
Twitter プロフィール
ナイキ製品をこよなく愛し、調べ、試したことをブログに綴っております。カテゴリ問わず様々なジャンルを紹介しています。Twitterフォローお待ちしています。
最新記事(画像付)
スポンサードリンク
NIKE 公式オンラインストア
PROFILE

大好きなNIKEを中心としたスポーツブランドのHP攻略法と商品情報などをできる限り詳しく掲載していきます。

Twitter
https://twitter.com/spobrakouryaku

インスタ
https://www.instagram.com/spobra2018/?hl=ja

NIKE製品の購入は
NIKE.com icon

スポンサードリンク





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

お問い合わせ
読者登録
LINE読者登録QRコード