NIKE 公式オンラインストア


じめに...
370051d4ac51266053799753ffbace98_s

1978年ナイキエアを搭載した”テイルウインド”を皮切りに、ナイキではこれまでに様々なエア(AIR)搭載商品を展開してきました。

今回は、主要の4つのエア(AIR)について書きたいと思います。


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

エアマックス商品一覧 icon

ズーム関連商品 icon

ヴェイパーマックス一覧 icon



イキエア(NIKE AIR)とは...
スクリーンショット 2018-08-04 23.08.23

丈夫で柔軟性のある入れ物(バッグ)に空気を入れた物を指します。

モデルによって前、かかと、全体など配置、サイズが異なり、各カテゴリに合った構造になっています。

負荷がかかり収縮することで衝撃を軽減し、元の状態へすぐ戻り次の衝撃に備える...このような性質がナイキエア(NIKE AIR)には備わっているのです。

また、入れ物(バッグ)に空気が入っているナイキエア(NIKE AIR)は、従来の素材と比べるとエア部分は実質空洞のためかなり軽量です。シューズが軽いほど使用者が動く際に失うエネルギー消費を抑えることが可能です。

まとめると...軽く、クッショニングに優れたテクノロジーです。

ライフスタイルシューズであれば、街を快適に歩くこと可能

パフォーマンスシューズであれば、体への負担を軽減しパフォーマンスが向上する






1、従来のナイキエア(NIKE AIR)〜1978年

シューズ内側に内蔵されていて、外から確認することができない内蔵型のエア(AIR)です。

スクリーンショット 2018-08-04 23.16.39

エア フォース 1(元バスケットボールシューズ)、エア ハラチ(元ランニングシューズ)、エア ジョーダンシリーズなど現在はライフスタイルシューズに内蔵されていることが多い傾向にあります。 

スクリーンショット 2018-08-04 23.16.59
スクリーンショット 2018-08-04 23.18.31


モデル、カテゴリに合ったエア(AIR)の配置と割合になっています。

細かい構造、機能面は上部のナイキ エア(NIKE AIR)で確認して下さい。


2、マックスエア(MAX AIR) 〜1987年

ナイキエア(NIKE AIR)ファミリーの中で随一の衝撃耐性があります。

スクリーンショット 2018-08-04 23.31.41

マックスエア icon(MAX AIR)は必ずエア(AIR)が見える視認型のデザインになっています。


〜マックスエア icon(MAX AIR)の特徴〜
ナイキエア(NIKE AIR)とは異なり、エア(AIR)部分を他の素材で覆っていないため体重が乗った時、エア(AIR)が外側へ飛び出す分多くの負荷を軽減します。
スクリーンショット 2018-08-04 23.37.46
着地動作を複数回行うスポーツに最適です。


3、ズームエア(ZOOM AIR)〜1995年

ズームエア(ZOOM AIR)は薄く軽量で反発性の高いクッショニングを提供し、全速力の動き、速いカットなど敏捷機能を後押しします。

スクリーンショット 2018-08-04 23.39.51

〜ズームエア icon(ZOOM AIR)の特徴〜
ズームエア icon(ZOOM AIR)は、反発性があるということが最大の強みです。

スクリーンショット 2018-08-04 23.41.05

エア(AIR)の中に繊維状の素材が無数に配置されていて、体重が乗り地面を蹴り上げたと同時にバネのような働きをします。

スクリーンショット 2018-08-04 23.40.49

この構造が反発を生み、素早い動き、高いジャンプなどを容易に行えるようサポートしてくれます。

〜豆知識〜
ズーム(ZOOM)は、拡大するという意味ではなく、車が素早く走り抜ける音を表現しています。

ズーム(ZOOM)=速いというアメリカ人向けのネーミングです。

ズーム(ZOOM)が付くからといってズームエア icon(ZOOM AIR)が搭載さているわけではないので注意が必要です。※ズーム フライなどは未搭載



4、ヴェイパーマックス(VAPOR MAX)〜2017年

ヴェイパーマックス(VAPOR MAX)は、とても軽量で柔軟性のあるナイキエア(NIKE AIR)テクノロジーです。

スクリーンショット 2018-08-04 23.57.39

開発に7年を要し、2017年に販売が開始となっています。

搭載シューズの大半が、ランニングカテゴリに設定されています。

ランニングに最適なナイキエア(NIKE AIR)をとのことで開発され、ランナーの足の動き、プレッシャーマップなどのデータを用い、ランナーのスライドをサポートするためのエア(AIR)の量と配置を正確に特定し、このデザインと形になりました。

スクリーンショット 2018-08-04 23.57.44

コンセプトは、”空気の上を走る”となっていてトランスルーセント(光を通す半透明)のエアソールにしたのは、宙に浮いているように見せるためだとか。。。

このデザインも人気となり、ランニングだけではなく、普段用のシューズとして利用する方もかなりの数いるようです。


いごに...
a83b43e5a8e136d176ad4009fa91f810_s

ナイキエア(NIKE AIR)は、ナイキの歴史を語る上でも重要なテクノロジーです。

機能面や種類を少しでも知って頂けると嬉しいです。

今回もご覧頂きありがとうございました。


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧






NIKE 公式オンラインストア