NIKE 公式オンラインストア


世界中の殆どの人が病気ではない限り約37度の体温となっているそうです。

身体はこの体温が一定になるように調整しています。

いかにこの心地良い平熱を保てるかが”タイム”や”成績” 同様アスリートが大切にするポイントです。

ナイキのウエアは、春夏秋冬問わず平熱を保てる構造になっています。
※暑すぎたり、寒すぎたりすると余計な体力を使ってしまい、実力を存分に発揮できません。


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

当ブログランニング関連記事一覧

ナイキランニングウエア一覧 icon

ナイキウエア一覧 icon



■ナイキランニングウエア全般の特徴 

スクリーンショット 2018-09-13 15.09.39

1、軽量
軽さはランニングを行う上で必須です。
より軽く、ランニング時に負担のない作りになっています。

2、耐水、耐風性
シールド素材(耐水、耐風素材)以外のウエアも他のカテゴリのウエアと比べると水、風に強い素材、作りになっています。
速乾性に優れているということも水に強いと言えます。

3、身体に不快感を与えない構造
シームレス(不快に感じる部分の肌に縫い目が触れない)ようなに作りになっています。
長い距離を走る上で、ストレスとなる要素を極力省いています。

4、必ずどこかに反射板を配置している
前、横、後ろと様々な箇所に反射板を配置し、安全な走りをサポートします。



■トップスの主な特徴

スクリーンショット 2018-09-13 15.16.04

1、ドローコード、ジッパーが適所に配置され、フィット感、温度調整が可能
スクリーンショット 2018-09-13 15.19.24

2、様々な箇所にポケットが内蔵されていて、貴重品を入れることが可能

3、画像のようなジッパー構造がフィット感、温度調節に役立つ
スクリーンショット 2018-09-13 15.21.55

4、最新モデルはパッカブル(小さく収納できる)機能がついていて持ち運びに便利
スクリーンショット 2018-09-13 15.23.40

5、オーディオ収納ポケットがある

6、背中の赤マル部分のデザインが、熱がこもりやすい背中の通気性を確保
スクリーンショット 2018-09-13 15.24.36



■ボトムス

スクリーンショット 2018-09-13 15.39.24

・ショーツ 
1、 サイドにある切れ込みが足の可動域を広げ、摩擦を減らす
スクリーンショット 2018-09-13 15.27.08

2、インナーブリーフ、内蔵ブリーフが付いているモデルがある
NIKE.com icon商品ページに記載があるので、必要な方は確認しましょう。

スクリーンショット 2018-09-13 15.28.12
主に短いタイプのショーツに内蔵されています。

ラインド=内蔵 アンラインド=未内蔵という判断もできます。
スクリーンショット 2018-09-13 15.32.36
・パンツ
1、主に秋〜冬に展開される
2、UV加工はしていないが、日焼け防止として使用する
3、足首部分にジッパーがあり着脱が簡単
スクリーンショット 2018-09-13 15.36.22



■タイツ、カプリ

スクリーンショット 2018-09-14 20.06.26

1、基本全天候に対応しているので、ショーツとの重ね着に適している

2、着圧(コンプレッション)があり、筋肉の振動を抑え体力の消耗と筋疲労を抑える

3、通期パネルを熱がこもりやすい膝裏を中心に配置し快適

※最近はタイツのみの使用も増えてきており、モデルによっては足首部分にジッパーが付いているものもあります

スクリーンショット 2018-09-13 16.12.11



■最後に...

ランニングウエア icon問わず、スポーツに使用するウエアは体温をキープするために作られています。

高パフォーマンスを発揮するためには、シーズンに合ったウエアを使用しましょう。

NIKE.com iconでは、セールになっている商品はシーズン外の可能性が高いので、シーズン商品を購入するには定価の商品を選ぶことをオススメします。 

NIKE.com iconでは、殆どのウエアが出荷日より30日以内の返品が可能です。
使用した場合でも返品ができるので、試用感、サイズ感を確認してみて下さい。

返品について

スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

当ブログランニング関連記事一覧






NIKE 公式オンラインストア