NIKE 公式オンラインストア


全ての機能、素材が上質で、ペガサスシリーズの高級版として展開されているボメロシリーズ iconの最新モデルナイキ エア ズーム ボメロ 14 iconについて書きたいと思います。


当ブログランニング関連記事一覧

ボメロシリーズ一覧 icon

ナイキランニングシューズ一覧 icon

ランニングシューズとトレーニングシューズの違い

サイズについて

シューズを長持ちさせるには?

返品について


ナイキ エア ズーム ボメロ 14 iconの詳細

スクリーンショット 2018-12-30 9.11.48

商品名:ナイキ エア ズーム ボメロ 14 icon

スタイル→メンズ:AH7857(レギュラー)、AQ3121(エクストラワイド) 
     ウィメンズ:AH7858(レギュラー)

素材→アッパー:合成繊維、合成樹脂
   アウトソール:ゴム底

ラスト(足型):MR-10(前作13、ペガサス35ペガサスターボストラクチャー22と同じ)

オフセット(ドロップ):10mm(前作と同じ前足12mm、かかと22mm)

推奨タイム、用途:サブ4〜完走、全ランナーの練習用

サイズ感:前作13と同じ足型のため、13を使用していた方は同じサイズを、初使用の方は、サイズ表を参照し、まずはジャストサイズの購入がオススメです。
※下記商品説明もサイズ選択の参考にして下さい



■部位(パーツ)ごとの詳細

・アッパー

スクリーンショット 2018-12-30 9.11.48

滑らかで肌触りが良い耐久性に優れたメッシュのアッパーです。

スクリーンショット 2018-12-30 9.48.18

前作より薄いレーシングシューズのようなシュータンと細いフライワイヤーで、軽量でありながらフィット感、ホールド感がある印象です。

また、フライワイヤーとダイナミックフィットテクノロジーが連動し、走行中の足のブレを防いでくれます。
ダイナミックフィットテクノロジーとは、土踏まず部分を5本のフォーム素材でガチッと支えるテクノロジーを指します。
手で足裏をガチッと掴むイメージです。 

スクリーンショット 2018-12-30 9.47.31

かかとの形状もペガサス35ターボに近いデザインで、よりスピード感のある走りが可能となり進化しているなと強く感じる仕上がりです。

スクリーンショット 2018-12-30 9.55.53
ペガサス35

スクリーンショット 2018-12-30 9.56.08
ペガサスターボ

このかかとの形状は、かかと部分のズレとスレを防ぎ、ストレスのない走りが可能となる実用的な形状です。


・ミッドソール

スクリーンショット 2018-12-30 9.59.21

前作の13は、ルナロン+ズームエア(前、後に搭載)

今作の14は、最新のリアクト+ズームエア(フルレングス)


上記がミッドソールの変更点であり、最大のアップデートでもあります。 

ルナロンは、月面を歩いているかのような柔らかさと適度に反発性があるのが特徴で、

リアクトは、柔らかく、反発性があり、軽量で耐久性がある、

今まで実現が不可能と言われていた全てを兼ね備えたミッドソール

それがリアクトです。

詳細は、こちらの記事でご確認下さい。

このリアクトに反発性に富んだズームエアを合わせた、ランニングシューズでは初の組み合わせ「リアクト+ズームエア」これを実現したシューズがナイキ エア ズーム ボメロ 14 iconとなります。

ズームエアの位置は、ミッドソールのラインで表現されています。
ヴェイパーフライ4%ズームフライと同じデザインですね。

スクリーンショット 2018-12-30 9.47.31

細かい部分ではありますが、前作と比べかかと部分が少しせり上がっています。
これは、滞空時間を伸ばし少しでも楽に長い距離を走れるように工夫された形状です。


・アウトソール

スクリーンショット 2018-12-30 10.09.49

クラッシュレールとハニカムパターンで構成されたラバーアウトソールです。
ペガサス35ストラクチャー22に近い形状で、高い耐久性とグリップ力を発揮します。

中央の白い窪んだ部分は、ミッドソールが見えているだけで別素材が配置されているわけではないです。
この部分にラバーや他素材が無い分軽量です。


■最後に...

最後に、前作13との大きな違いを記載します。
少しでも購入時の参考にして頂けると嬉しいです。

1、フライワイヤーの形状

スクリーンショット 2018-12-30 9.48.18
↑ボメロ14

スクリーンショット 2018-12-30 10.14.32
↑ボメロ13

細身なフライワイヤーへとアップデート
スタイリッシュなデザインと個数が増えフィット感UP

2、シュータンの形状

スクリーンショット 2018-12-30 10.15.46
↑ボメロ14

スクリーンショット 2018-12-30 10.15.25
↑ボメロ13

厚手のシュータンから薄手のシュータンへアップデート
レーシングシューズのようなイメージに


3、かかとの形状 

スクリーンショット 2018-12-30 9.47.31
↑ボメロ14

スクリーンショット 2018-12-30 10.17.11
↑ボメロ13

かかとの不快感軽減と滞空時間UPのためアップデート


4、ミッドソールの素材と形状

スクリーンショット 2018-12-30 9.59.21
↑ボメロ14

スクリーンショット 2018-12-30 10.17.16
↑ボメロ13

ルナロンからリアクトへ大幅アップデート
ズームエアもフルレングスに


5、アウトソールの形状

スクリーンショット 2018-12-30 10.09.49
↑ボメロ14

スクリーンショット 2018-12-30 10.17.22
↑ボメロ13

厚手のラバーソールから薄手で耐久性のあるアウトソールへアップデート


変更点を踏まえ、自身の求めている機能、環境と照らし合わせて購入を検討してみて下さいね。
もちろん、出荷日から30日以内であれば使用後でも返品可能です!



当ブログランニング関連記事一覧

ボメロシリーズ一覧 icon

ナイキランニングシューズ一覧 icon

ランニングシューズとトレーニングシューズの違い

サイズについて

シューズを長持ちさせるには?

返品について






NIKE 公式オンラインストア