NIKE 公式オンラインストア


ACG(All Conditions Gear)
スクリーンショット 2019-02-11 20.01.39

ACG iconとは、30年前の1989年に発売されたアウトドアとストリート要素を兼ね備えたナイキのカテゴリを指します。

発売当初は、 アウトドアの使用に重きを置いていましたが、2019年の現在は、ストリートでの実用性とデザインを基本にアウトドアの要素を汲んだ、コレクションになっています。

アジアで主に人気があり、その中でも日本のACGへの熱が最も高いと言われています。

商品によっては、販売から即完売となるモデルもあり、今後も見逃せないコレクションとなっています。


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

ACG商品一覧 icon

返品について


時のACG
スクリーンショット 2019-02-11 20.06.29
↑ナイキ マグマ

ナイキ自体、アウトドアに進出したのは、1978年のこと。

ナイキ は当時、カラコルム山脈にある世界で2番目に高い山「K2」に挑もうとしていたアメリカ初の登山家チームにジューズを提供しました。

無事登頂したことで、ナイキは「時代が変わる」と確信したそうです。

チームのメンバは、硬く重い従来のトレッキングシューズではなく、軽量で通気性があり、それなのに丈夫なジューズ求めていたそうです。

1981年マグマ、アプローチ、ラヴァドーム3種類のACGの先駆けとなるシューズが誕生します。
軽量でデザイン性に富んだ、ゴアテックス®︎を使用した、画期的なシューズとして話題となりました。

1980年代の終わりに、ACGが本格的に始動します。

ハイキング、ロッククライミング、自転車、カヤック、スノーボードなど様々なアウトドアスポーツの商品を展開して行きます。





在のACG
スクリーンショット 2019-02-11 20.26.32

アウトドア要素(機能面) が、少し薄まりデザイン性に重きを置いた商品展開に変化しています。

もちろん基本、

スクリーンショット 2019-02-11 20.35.33
↑リバデルチ

ジューズは、緩みにくいシューレース(靴紐)、フィット感があるアッパー、適度に反発し柔らかいミッドソール、耐久性、グリップ力のあるアウトソールを採用し、

アパレルは、

スクリーンショット 2019-02-11 20.36.05
↑ゴアテックス®︎ジャケット

暖かく、速乾性に優れ、水に強く(一部)、耐久性があります。

また、2014年には、アクロニウムとコラボした商品を多数展開し、今までACG icon触れ合うことが無かったユーザーの新規開拓にも力を入れています。


ACGのロゴについて
スクリーンショット 2019-02-11 20.46.29

三角形の形状は、山の頂上と危険警告マークをイメージしています。

アウトドア=自然派危険であるというイメージを常に持ち続けて欲しいとの思いも併せて込められています。


品について
スクリーンショット 2019-01-30 22.33.34

SNKRSで購入できる商品以外、基本出荷日より30日以内が使用後でも返品が可能です。
アパレルは最近JPサイズの展開が増えましたが、USサイズの商品もあるので、この制度を活用し実際の商品を目と肌で感じてみて下さいね!


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

ACG商品一覧 icon

返品について






NIKE 公式オンラインストア