NIKE 公式オンラインストア


じめに...
ナイキ エアフォース 1 タイプ

N.354シリーズの一つ。
※N.354については下記記事で確認して下さい〜


1982年に展開されたエア フォース 1を再構築した一足。

幾度となく再構築されてきたエア フォース 1の新たなアプローチに惹かれ購入してしまいました。(購入してしまったはおかしいか。。。)

エア フォース 1は、本当に様々なデザイン、カラーの商品があるので、正式な商品なのか公式以外で購入する場合かなり分かりにくい商品なんですよね。。。

自身でカスタマイズした一足もあれば、本当に公式が出した一足!?ってのもあったりして、真偽が分かりにくいモデルです。

SNSに掲載されている画像と同じものが欲しい!!ってなっても未販売だったりすることが良くあります。

今回のエア フォース 1 タイプは、公式が出したエア  フォースの中で久しぶりに刺さった一足でした。
私自身、あまりエア フォースが好きではないのですが、ピンクのラインと内側のトランスルーセント素材の配置(透明な素材)に惹かれ、ココアスネーク以来、久しぶりに購入してしまいました。

そんな、ナイキ エアフォース 1 タイプについて、何も考えずにタラタラ書いていきたいと思います!


ナイキ エア フォース 1 タイプ icon


ラタラパート1
IMG_0801

まず、軽くエア フォース 1について紹介します。

エア フォース 1とは、1982年に展開された当時のバスケットボールシューズです。

1980年代は、コンバースなどの別メーカーのバスケットボールシューズが主流で、そのほとんどのシューズが薄底のサポート性が無いタイプのシューズでした。

選手は足に少なからずダメージを抱えながらプレーしていたそうです。

そこに目を付けたナイキが、フルレングス(足全体)にナイキエアが内蔵されたエア フォース 1を展開。
選手たちは、ナイキエアの柔らかさに感動し、エア フォース 1へ変更する、したいとの声が多数寄せられたそうです。





ラタラパート2
IMG_0803

また、エア フォース 1はデザイン性にも優れた一足として有名です。
デザイナーは、エア ジョーダン 2などを手掛けたブルース・キルゴア氏です。

一度、エア フォース 1は販売を終了し、エア フォース 2として新たなステージへ進出しました。

しかし、根強いファンの後押しで復活し、今に到っています。

エア フォース 2は、そこまで世間に浸透していませんが、エア フォース 1は数多くのモデルを出すほど今尚熱く愛されている一足となっています。


ラタラパート3
IMG_0802

当時のエア フォース 1は、つま先〜ヒールまで足全体にナイキエアが内蔵されていました。

しかし、現在展開されているエア フォース 1は、

メンズ:足の指の付け根からヒール
ウィメンズ:ヒール部分のみ

ナイキエアが内蔵されています。

バスケットボールシューズからライフスタイルシューズへカテゴリが変更されたことにより、このような構造の変化となったのではと私は考えています。

正直なところ、エア フォース 1に関しては、大きなクッション性を感じたことは個人的にはありません。
ただ、ヒールのみにエアが内蔵されたエア ジョーダン 1のエアは履いていて感じるので、エア フォース 1はミッドソールの厚さがやや硬く感じてしまうのかなと思います。

個人的な感想なので、あくまで目安程度に捉えて下さいね。


ラタラパート4
IMG_0804

サイズ感に関しては、ほとんどのモデルでゆったりしているのかなという印象です。
そこまでサイズ感に神経質にならなくて良いのがエア フォース 1なのかなと感じています。

エア フォース 1 タイプは、通常モデルよりややタイト目な印象です。
フライワイヤーと連動しているヒールのストラップが影響し足の甲からヒールにかけてタイト目だなと感じました。

シューレース、ヒールストラップの二箇所で調整が可能なためそこまで心配する必要はありませんが、甲高の方は0.5cmサイズを上げてもいいかもしれません。


ラタラパート5
IMG_0805

重量は片足で504g...結構ヘビーです。
エア フォース 1は総じて重たいシューズなので、そこまで気にするポイントではないと思います。

そして、最後に過去のエア フォース 1について紹介します。

■古き良き時代のエア フォース 1

アッパー:フルグレインレザー
ミッドソール:ポリウレタン、フルレングスナイキエア
アウトソール:ソリッドラバー

従来のバスケットボールシューズより30%クッション性が構造

1982年当初のモデルは、ヒール部分下に補強パーツなし。
1988年頃はヒールプロテクターと呼ばれる補強パーツあり。

現在のモデルは、1982年の形に最も近いヒールプロテクターなしのデザインとなっています。


ナイキ エア フォース 1 タイプ icon




NIKE 公式オンラインストア