NIKE 公式オンラインストア


じめに...
FullSizeRender
ナイキ ズーム ライバル XCと同様、今季販売されたトレイルランニング専用のシューズがナイキ ズーム ビクトリー 5 XC

大きな違いはトランスルーセントのクリアな極薄アッパー
メッシュと比べると軽量水に強いことが特徴的だ。

また、ミッドソールに内蔵されたカーボンプレートが前への推進力をアップ

更に、アウトソールの形状も僅かに異なり、ナイキ ズーム ビクトリー 5 XCは、軽さグリップ力を活かした構造となっている。

そんなナイキ ズーム ビクトリー 5 XCについて、今回は書いていきたいと思います!



イキ ズーム ビクトリー 5 XCの詳細について
FullSizeRender
商品名:ナイキ ズーム ビクトリー 5 XC

スタイル:AJ0847

価格:110ドル(約12,000円)

対応競技:クロスカントリーランニング

重量:ユニセックス27cmで約125g

サイズ感:全体的にかなりタイトであるとのレビューがUSで確認できました。足が日本人より細めなアメリカ人が普段と同じサイズでは履けなかったとなれば日本人では1cmはサイズアップすべきなのかなと感じています。トランスルーセントのアッパーはややゆとりがあるイメージですが、シュータン一体型のブーティー構造が足の甲周りもタイトにしている可能性ありです。

素材→アッパー:合成繊維、合成樹脂
   ミッドソール:クシュロン
   アウトソール:合成底





ーポイント
e7e38fc6075ba15493bbcad6b2ee7a8c_s
■トランスルーセントのクリアなアッパーが軽量性、通気性、水への耐性を提供
FullSizeRender

最近ナイキで流行とされているクリアなトランスルーセント素材をアッパーに採用しています。

トランスルーセント素材の特徴は、軽くて通気性があり水、風への耐性が強いことがあげられ、過酷なロケーションでのランニングが想定されるクロスカントリーランニングにピッタリな素材となっています。

水、風への耐性=通気性が低いのでは?と感じるかもしれませんが、マイクロレベルの通気孔が水、風の侵入を防ぎます

また、吸水性が低いので水や汗を吸ってシューズの重量が上がる心配がないというのが嬉しいポイントです。


■シュータン一体型のブーティー構造がブルれない走りを可能にする
FullSizeRender

シュータン(ベロ)部分がアッパーと一体したブーティー構造を採用しています。

サイズ選択が難しいことが難点ですが、サイズがビタっとハマった時はブレない安定した走りが可能となります。

足がブレないという点は、クロスカントリーランニングでは非常に重要で、後半バテた際に力を発揮してくれるはずです。

安定感は、険しいコースであればある程大切な要素だと思うので、細かい箇所かもしれませんが要チェックポイントだと思います。


■柔らかいクシュロンミッドソールにカーボンプレートを内蔵したミッドソール
FullSizeRender

長い距離と過酷なコースを快適に走り続けられるようクッション性に優れたクシュロン素材をミッドソールに採用しています。

まだ、そのクシュロン素材にカーボンプレートを挟むことで前への推進力をプラス
イメージはネクスト%ズームフライのような走り心地です。

柔らかいのに反発性を感じる走り心地ナイキ ズーム ビクトリー 5 XCならでは。

ナイキ ズーム ライバル XCとの大きな違いとなっています。


■6本のスパイクピンと高さの違う段差のついたパターンが抜群のグリップ力を生む
FullSizeRender

6本のスパイクピン
アウトソール全体的に配置されている高さの違う凸部分が地面をグッと捉えた抜群のグリップ力を発揮してくれます。

6本のスパイクピンは取り外し可能となっていますが、あくまでお手入れ用。
交換ピンの付属や別売はないため、注意して下さい下さい。

また、高さの違う凸部分がアウトソール全体に配置されている点もナイキ ズーム ライバル XCとの大きな違いです。

ナイキ ズーム ビクトリー 5 XCのアウトソールは、グリップ力重視となっています。

いごに...
a83b43e5a8e136d176ad4009fa91f810_s

ナイキ ズーム ライバル XC通気性と耐久性重視のアッパー、柔らかいクッション性重視のクシュロンミッドソール、ハニカムパターンの耐久性とクッション性重視のアウトソール


ナイキ ズーム ビクトリー 5 XC通気性と耐水、風性に優れたアッパー、クッション性と反発性を両立させたミッドソール、グリップ力重視のアウトソール

上記がナイキ ズーム ライバル XCナイキ ズーム ビクトリー 5 XC主な違いとなります。

クロスカントリーランニングは、レースによって大きくコースが異なるため、より自身の体、走りに合ったシューズを選択する必要があります。

ナイキ ズーム ライバル XCの記事と本記事を参考に自身に最適な方を選択して頂けると嬉しいです。

ただ、ナイキ ズーム ビクトリー 5 XC国内正規店未展開シューズ。。。
展開となる日を待ちつつ、知識を蓄えたいと思います!!


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

当ブログ 陸上関連記事一覧

当ブログランニングシューズ関連記事一覧

サイズについて

シューズの長持ち方法




NIKE 公式オンラインストア