スポーツブランド攻略BLOG

NIKE (ナイキ)を中心としたスポーツブランドのHP攻略と商品情報を可能な限り紹介しております。実際に体験したこと、使用して感じたことも合わせて紹介します。ランニング、トレーニング、バスケットボール、サッカー、ライフスタイル、ゴルフ、テニス、お手入れ方法など多岐にわたる情報を記載しています。

ブレーザー

【レビュー】ナイキ定番のミッドカットスニーカー!ナイキ SB ズーム ブレーザー MID プレミアム!!【ナイキSB】

NIKE 公式オンラインストア


じめに...
FullSizeRender

スケートボーダーはもちろん、スニーカーファンの定番となっているブレーザーから特別なモデルを紹介。

パッと見普通のブレーザーと思いきやヒール部分のテリークロスと呼ばれる起毛パーツが特別感を演出

見た目以外にも、ズームエアインソールのヒール部分に貼り付けられている点も注目ポイントです。

フラットなアウトソールはスケートボーダー向けとはなりますが、普段履き用のシューズとしても十分に活躍できる一足となっています。

また、メンズシューズとはなりますが、サイズ展開が23.5cmからとなっているので、女性も使用可能となっているのも嬉しいポイントです。

そんな、ナイキ SB ズーム ブレーザー MID プレミアムについて紹介します!


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

ライフスタイルカテゴリ記事一覧

ナイキ SB ズーム ブレーザー MID プレミアム icon

シューズを長持ちさせる方法

サイズについて

NIKE.comの返品方法


イキ SB ズーム ブレーザー MID プレミアムの詳細について
FullSizeRender

スタイル:CJ6983

価格:9,720円(税込)

重量:25cmで約375g

ヒールの高さ:25cmで約2.5cm

サイズ感:細身の作りとなっているため、購入時はややタイトな印象です。厚手の足首周りも影響して初めてナイキのシューズを使用する方は、なおタイトと感じると思います。しかし、天然皮革のアッパーが使用していく中で馴染みゆとりのあるサイズ感へ変化していきます。この変化を踏まえサイズ選択することをオススメします。

素材→アッパー:天然皮革、合成繊維
           アウトソール:ゴム底
 




ーポイント
e7e38fc6075ba15493bbcad6b2ee7a8c_s

■天然皮革の柔らかいアッパー
FullSizeRender

ナイキ SB ズーム ブレーザー MID プレミアムのアッパーには、ヒールの起毛パーツ以外に天然皮革を使用しています。

そのため、購入直後はやや硬いのですが、お手入れや使用頻度によって足に馴染み、柔らかい天然皮革特有の柔らかさへ変化していきます。

この変化の過程を楽しむことが天然皮革の良さでもあるので、自分オリジナルの風合いを楽しみながら作っていきましょう。


■ヒール部分の起毛がアクセントに!
FullSizeRender

ヒール部分には、バスローブなどに用いられるテリークロス加工(起毛加工)されたパーツが配置されています。

触り心地もバスローブのようで、肌触りが良いと感じました。

このパーツは、何か機能があるわけではないので、デザインとして楽しんで下さい。

また、テリークロス中央には刺繍でナイキロゴが配置されています。
特に目立つ感じではないのですが、ワンポイント的な感じでコーディネートを楽しむのがオススメです。


■インソールに貼り付けられているズームエア
FullSizeRender

インソールのヒール部分には、反発性と適度なクッション性を提供してくれるズームエアのパックが貼り付けられています

このインソールは粘着されていないため、着脱が可能です。

そのため、インソールを外し裏側を見てみると貼り付けられているズームエアのパックが確認できます。

ズームエアはナイキ独自のテクノロジーとなっているため、インソールが破損した場合は同じ物は手に入らないので気をつけて下さい。

ナイキはインソールなどのパーツを個別で販売していないため、他社のインソールを付けるかシューズ自体を買い替える必要があります。

ただ、インソール自体が厚手で密度が濃いしっかりとしたものを使用しているため、耐久性に問題はないと個人的には感じています。


■クラシックなガムラバーがクラシックな出で立ち
FullSizeRender

ヘリンボンパターン(ニシンの骨のような)が刻まれたグリップ力の高いアウトソールを採用。

フラットな形状と相まって、スケートボーダーにとっては使用感抜群の一足となっています。

普段使用の方にとっては、やや硬くフラットなアウトソールに違和感を感じるかもしれませんが、先程紹介したヒールに貼り付けられたズームエアがクッション性をヘリンボーンパターンがグリップ力を提供してくれるので、街履きするシューズとしては申し分ないのかなと思います。

また、クラシック好きにはガムラバーはグッとくるポイントではないでしょうか?


いごに...
a83b43e5a8e136d176ad4009fa91f810_s

今回は、ヒール部分がオシャレに改良されたナイキ SB ズーム ブレーザー MID プレミアムについて紹介しました。

機能はそこそこ、見た目重視のシューズとなっているため、一番大切なのは自身の普段着る服に合っているのかだと思います。

NIKE.comで購入した場合、使用後でも出荷日より30日以内であれば返品が可能なので、自宅でプチファッションショーを開催して自身が着る服に合うかを鏡で確認してみましょう!!


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

ライフスタイルカテゴリ記事一覧

ナイキ SB ズーム ブレーザー MID プレミアム icon

シューズを長持ちさせる方法

サイズについて

NIKE.comの返品方法




NIKE 公式オンラインストア

【実物レビュー】ナイキバスケットボールシューズの始まりの一足!ナイキ ブレーザー MID sacai【ナイキラボ】

NIKE 公式オンラインストア


じめに... 
370051d4ac51266053799753ffbace98_s

ナイキ ブレーザー MIDは、1972年にバスケットボール用のパフォーマンスシューズとしてデビューしました。

名前にある「ブレーザー」は、ナイキの本社があるポートランド初のNBAチーム「トレイル ブレーザーズ」に由来しています。

ブレーザーのアッパーは、シンプルなカットソー縫製のオールレーザーが特徴です。
ミッドソール、アウトソールも至ってシンプルなデザインとなっています。

その後、展開されたその他のバスケットボールシューズは、
ミッドソールに「ナイキエア」、「ズームエア」、「リアクト」、
アウトソールには「XDRラバー」、「クリアなトランスルーセント素材」など、様々なテクノロジー、素材が用いられる様になりました。

まさに、ブレーザーは現在のバスケットボールシューズの礎...今日はそんなブレーザーのsakaiとのコラボシューズを実物を交え紹介したいと思います。


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

ナイキラボ商品一覧 icon

ナイキ ブレーザー一覧 icon

シューズを長持ちさせる方法

サイズについて

NIKE.comの返品方法





イキ ブレーザー MID SACAIの実物について

FullSizeRender

FullSizeRender-1

FullSizeRender-6
まずはインナーカートン(シューズボックス)です。
一般的なインナーカートンではなく、引き出すタイプとなっています。

昔ながらのナイキマークがなんとも言えない、捨てるに捨てられないタイプのインナーカートンだと思います!

また、最近のメンズシューズのインナーカートンは女性が購入しやすい様に、ウィメンズサイズに変換した際のサイズを記載しています。
ナイキが女性に対し力を入れているのが伝わってきますね!


FullSizeRender-8
黒タグの画像です。

アッパー:合成皮革、ゴム、天然皮革
アウトソール:ゴム底


ナイキ ブレーザー MID sacaiの素材とお手入れ方法、保管方法に関して記載されています。
日本国内で販売された全てのシューズに黒タグは付いているので、一度は目を通し注意書きを確認することをオススメします!


FullSizeRender-7
インナーカートンを開けた時の画像です。

なんと、付属品のシューレースが乱雑に入っていました...。
FullSizeRender-2
こんな感じです。。。

特に傷や汚れはなかったのですが、少しだけ悲しくなりました...。
ネットで検索してみると、同じ様な状態の方が結構いたので仕様だと思う様にします!笑

しかし、ネガティブな気持ちが吹き飛ぶくらいクールで独特なデザインが開けた際のテンションを高めてくれました!!

単純ですよねー。。。笑


FullSizeRender-5
内側の画像

FullSizeRender-12
外側の画像です。
ダブルスウッシュが堪らないですねー!!

FullSizeRender-9
全体図です。
シューレース(靴紐)が2重になっています。
このシューレースが2重になっているのが一番の特徴だと私は感じています!
フィット感はこの構造が影響してややキツくタイトですが、それを補うデザイン性だと感じています。


FullSizeRender-4
ヒール部分の画像です。
何重でしょうか...5重ですかね!
一般的なナイキシューズと比べ、この構造が影響してヒール部分は硬く頑丈にできています。

ただ、重ね過ぎるのもどうなんでしょうね?
剥がれたりしないか怖い気がします...。


FullSizeRender-13
シュータン部分です。
こちらも2重です!

足に当たる部分には、sacaiの文字が配置されています。
ただ、この部分もフィット感に影響しタイトな印象となっています。


FullSizeRender-3
アウトソールは、バスケットボールシューズ特有のヘリンボーン(ニシンの骨)パターンとなっています。
フラットでやや硬めのブレーザー特有の構造、履き心地を演出しています。

ガムラバーソールなのもビンテージ感を演出していていい感じです!!


FullSizeRender-11
インソールの画像です。

NIKEとsacaiの文字が重なった今までにないデザインとなっています。

見えない部分ではありますが、持ち主としては自己満で盛り上がれる、テンションが上がる粋な計らい、デザインだと思います!!


FullSizeRender-10
最後に重量を参考までに...。
片足523gとかなりヘビー級です。
現在展開中の比較的重めのバスケットボールシューズと比べてもかなり重めです...。

オシャレは我慢の典型的なパターンですねと言えるかもしれません...。笑


いごに...
a83b43e5a8e136d176ad4009fa91f810_s

少し感情的なレビューとなり申し訳ございません...。
最近SNKRSの調子が良いので、高ぶっています!!

少し冷静に戻ります。。。
サイズ感のアドバイスを最後に!

足首部分がかなりタイトになっています。
足長、足幅に関しては申し分ないのですが、足首はかなりタイトです。

デフォとして一番上までシューレースが通されていますが、私の足では入りませんでした。
1つ外すことでなんとか入りましたが、シューレースを一番上まで通したい人は1〜2cmサイズUPすることオススメします!!


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

ナイキラボ商品一覧 icon

ナイキ ブレーザー一覧 icon

シューズを長持ちさせる方法

サイズについて

NIKE.comの返品方法




NIKE 公式オンラインストア
スポンサードリンク
記事検索
Twitter プロフィール
ナイキ製品をこよなく愛し、調べ、試したことをブログに綴っております。カテゴリ問わず様々なジャンルを紹介しています。Twitterフォローお待ちしています。
スポンサードリンク
NIKE 公式オンラインストア
PROFILE

大好きなNIKEを中心としたスポーツブランドのHP攻略法と商品情報などをできる限り詳しく掲載していきます。

Twitter
https://twitter.com/spobrakouryaku

インスタ
https://www.instagram.com/spobra2018/?hl=ja

NIKE製品の購入は
NIKE.com icon

スポンサードリンク





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

お問い合わせ
読者登録
LINE読者登録QRコード