スポーツブランド攻略BLOG

NIKE (ナイキ)を中心としたスポーツブランドのHP攻略と商品情報を可能な限り紹介しております。実際に体験したこと、使用して感じたことも合わせて紹介します。ランニング、トレーニング、バスケットボール、サッカー、ライフスタイル、ゴルフ、テニス、お手入れ方法など多岐にわたる情報を記載しています。

ランニング

【レビュー】ランニングカテゴリにジョイライド搭載の新モデルが登場!ナイキ ジョイライド デュアル ラン!!【ランニング】

NIKE 公式オンラインストア


じめに...
FullSizeRender

早くもランニングカテゴリのジョイライドに第二世代が登場しました。

大きな変更点は、アッパーをフライニットからメッシュ素材にしたこと、ミッドソールは4箇所配置されていたビーズポッドを2箇所としたことでしょうか。

また、ビーズポッドの個数変更に伴ってアウトソールのパターンも変更となっています。

前作のアップデート版ではなく、ランレベル問わずより多くのランナーにジョイライド使用してもらうための新たな提案アプローチと言った方がイメージがしやすいのかなと思います。

それでは、前作との違いを交えながらナイキ ジョイライド デュアル ランを紐解いていきたいと思います!

また、自身に合うジョイライドを見つけられるような記事になっていれば幸いです!


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

当ブログランニング関連記事一覧

ナイキランニングシューズ一覧 icon

ナイキ ジョイライド デュアル ラン icon

サイズについて

シューズの長持ち方法

NIKE.comの返品方法





イキ ジョイライド デュアル ランの詳細について
FullSizeRender

スタイル:CD4365(メンズ)、CD4363(ウィメンズ)

価格:14,300円(税込)

対象ランナー:初心者のウォーキング、ジョギング、中〜上級者のラントレーニング、リカバリーラン

重量:メンズ28cmで約290g、ウィメンズ25cmで約227g

オフセット(ドロップ):11mm(前足19mm、ヒール30mm)

素材→アッパー:合成繊維、合成樹脂
   アウトソール:合成底
※NIKE.com商品ページには合成皮革と記載されていますが、黒タグには記載なし。目視でも確認できず。

サイズ感:初代のフライニットと比べるとゆとりがある印象。初代はタイトな作りとなっており、メーカ側もハーフサイズアップを推奨していましたが、今作は普段使用の一般的なメッシュ素材のランニングシューズと同じと考えて下さい。足にストレスを与えないというテーマがあるシューズなので、足入れをして多少ゆとりがあったとしても、まずはテストラン感覚で試してみましょう。





ーポイント
e7e38fc6075ba15493bbcad6b2ee7a8c_s

■合成繊維のメッシュアッパーがストレスのない履き心地と通気性を提供
FullSizeRender

アッパーには合成繊維のメッシュ素材を採用しています。

つま先、外側、ヒール部分がやや濃い編み込みでサポート性を提供する構造となっていますが、足の甲部分を中心にゆったりとしたストレスを足に与えない構造を意識していることが特徴的です。

また、ゆったり構造の足の甲はかなりオープンな編み込みのメッシュとなっているので、熱がこもる心配は不要です。

ランニングをエンジョイするには、柔らかいクッショニング以外にも、ストレスのない履き心地熱の循環を良くする通気性が必要という基本に沿った構造のアッパーとなっています。


■合成樹脂のシューホールが中足部分をしっかりと固定してくれる
5003

シューホールとは、シューレース(靴紐)を通す穴を指しています。

そのシューホールの前足側の両サイドに、合成樹脂でできた補強パーツを配置しています。

足のブレを防ぐと同時に、シューレースを強く結んだ際に破損しないよう補強してくれているという側面もある重要なパーツです。

画像では少し分かりにくいかもしれませんが、プラスチックのように硬いわけではなく、スマホのシリコンケースのような柔軟性を兼ね備えている樹脂パーツをお考え下さい。

強く結びすぎない限り、不快に感じることはないと思いますので、その辺はご安心下さい。


■薄手のシュータンと厚手の足首部分が快適なランをサポート
FullSizeRender

シュータン部分は、最近流行りの薄手型を採用しています。
これは、足の甲への圧迫感を防ぐと同時に、タン部分が左右にズレることを防いでくれる役割があります。
すなわち、ランニング時の不快感ストレスを最小限にするよう工夫されているということ。

また、足首周りはシュータンとは真逆でやや厚手になっています。
この部分を薄くしすぎてしまうと、ランニング中にチクチク痛痒い不快感に襲われてしまいます。

その不快感を最小限にするため、クッション材を中に詰めたやや厚手の足首となっています。

サイズ感に影響しないよう、やや厚手という点が嬉しいポイントです。

シュータン、足首部分共にランニングをいかに快適に行うことができるかを考えて、絶妙なバランスで構築されています。


■調整されたビーズポッドを2箇所に配置
FullSizeRender
ナイキ ジョイライド デュアル ランは、初代フライニットとは異なるビーズポッドの配置になっています。

初代は足全体に4箇所(サイズによっては3箇所)、ナイキ ジョイライド デュアル ランはヒール、中足部の計2箇所に配置されています。

初代は足のどの位置から着地してもクッション性をフルで感じることができる初心者寄りの構造

ナイキ ジョイライド デュアル ランはややスピードを生かした走りをするミッドフッド、ヒールストライク走法向けのちゅう、上級者でも違和感なく使用できる構造

となっています。

フォアフットに対応していないのは、あくまでアップやリカバリーランの使用を推奨しているためです。
ゆっくり体を温める、クールダウンするときはそこまでスピードを出すことはないでしょう。

しかし、初心者との違いは、蹴り出す力が強いということ。

その蹴り出しをスムーズに、少しでも力強く行えるよう前足にはビーズポッドを配置していません。

足が地面に着いたときは衝撃を最小限にする柔らかさを感じることができるため、中、上級者のランナーでも体を究極に労ったランニングを可能としてくれるはずです。


■蹴り出しの際に力を発揮するアウトソール
FullSizeRender

アウトソール前足には、前作より広範囲にラバーを配置しています。

これは、ビーズポッドの説明でも紹介した通り、蹴り出しをスムーズに行うための構造です。

グリップがより効き力を効率的に反発力に変換する工夫が施されています。

凹凸に差があることも特徴的です。

濡れた路面で力を発揮するとは言い切れませんが、路面問わず初代以上のグリップ力を発揮してくれると思います。





ョイライド ラン フライニットとの違い

■アッパーの素材
スクリーンショット 2019-12-03 22.05.23
初代ナイキ ジョイライド  ラン フライニット
伸縮性がある素材ではあるが、ソックスのようなピタッとしたフィット感が特徴的な素材です。
購入時はかなりタイトな印象ですが、使用する中で伸びていく難しい素材。
ただ、本作はシュータン一体型の構造と足首が二重になっていることから、伸びを差し置いてもかなりタイトな仕上がりになっています。

スクリーンショット 2019-12-03 22.05.41
ナイキ ジョイライド デュアル ラン icon
一般的なメッシュ素材のゆとりのあるアッパーです。
サイズ感が前作と異なる点に注意が必要かもしれません。
シュータンが一般的な独立構造なので、その点もサイズ感にゆとりが生まれている要因だと思います。
通気性は前作以上。非常に快適な仕上がりになっています。


■ビーズポッドの数とアウトソール
スクリーンショット 2019-12-03 22.11.38
初代ナイキ ジョイライド  ラン フライニット
※アウトソールからは見えませんが、中足部にもビーズポッドが内蔵されています
足裏全体にビーズポッドを計4箇所に配置。
どこから足を着いたとしても、柔らかい抜群のクッション性を感じることが可能です。
上級者には物足りないかもしれませんが、ある程度の反発性も持ち合わせています。

また、アウトソールは少し特殊な構造です。
ビーズポッドを見せるための構造でもありますが、ヒール着地を安心して行えるよう、ヒールに重きを置いた構造となっています。

スクリーンショット 2019-12-03 22.12.01
ナイキ ジョイライド デュアル ラン icon
ヒールと中足部の計2箇所にビーズポッドを配置しています。
中、上級者でも満足のいく反発性を蹴り出す際に感じられるよう、前足にビーズポッドを配置していません。
この構造が、中級者以上でも使用できる最大の所以かもしれません。

また、蹴り出しをスムーズに行えるよう、前足に重点を置いた構造になっています。
凹凸も激しめで、蹴り出し動作の際に抜群のグリップ力を発揮してくれるでしょう。


■重量とオフセット
0cade6f8b0e3e1152bde8dbf37948488_s
初代ナイキ ジョイライド  ラン フライニット
重量:メンズ28cmで約323g
オフセット(ドロップ):8mm(前足24mm、ヒール32mm)

ナイキ ジョイライド デュアル ラン icon
重量:メンズ28cmで約290g
オフセット(ドロップ):11mm(前足19mm、ヒール30mm)


いごに...
a83b43e5a8e136d176ad4009fa91f810_s

いかがでしたか?

前作との違いを中心に、ナイキ ジョイライド デュアル ランの購入検討の材料になれば嬉しいです!

ジョイライド搭載ランニングシューズのビーズは、スムーズに体重移動が行えるようモデル問わずヒールに多め前足にいくにつれて少なめのビーズを配置しています。

また、男性用は少し硬い履き心地女性用は少し柔らかい履き心地となるよう性別に合わせた調整が施されていることも特徴的です。

しかも、このビーズは使用者の体重走り方によって形を変え使用者に合った形状へと使用していくうちに変化していく面白い特性を持っています。

話は逸れるかもしれませんが、ランナーは本来アスファルトなどの硬い路面の走行は極力避けた方が良いと言われています。

体に負荷が掛かるからですね。。。

そのため、プロのランナーはチップの上芝の上で練習していることが多いそうです。

長い間健康な体でランニングを楽しむためにも、究極の柔らかさを提供するジョイライドシリーズを検討してみてはいかがでしょうか?

もちろん、購入するならNIKE.comを活用して下さいね!

出荷日より30日以内であればほとんどの商品が無料で返品が可能で、ジョイライドシリーズもこれに該当します。

合う合わないは個々によって感じ方が異なると思いますので、テストラン感覚でこのNIKE.comの制度をフル活用してみて下さい!!


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

当ブログランニング関連記事一覧

ナイキランニングシューズ一覧 icon

ナイキ ジョイライド デュアル ラン icon

サイズについて

シューズの長持ち方法

NIKE.comの返品方法


 




NIKE 公式オンラインストア

【2019年保存版】ナイキランニングシューズ機能別ランキング【まとめ】

NIKE 公式オンラインストア


じめに...
スクリーンショット 2019-11-17 16.30.25

2019年も終盤に差し掛かり、2020年春の新しいナイキランニングシューズ展開前に今期販売のナイキランニングシューズを機能別にまとめ、ランキング形式で紹介したいと思います。

クッション性、反発性、軽量性、耐久性」の4つの重要な機能にフォーカスしてます。
また、上記機能に影響するミッドソールの素材も合わせて分かりやすく機能別で分けれればと思いますので、一緒に今季のナイキランニングシューズを振り返れれば幸いです。

また、2020年も継続して販売するシューズもあると思うので、購入の参考にして頂けると嬉しいです!


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

当ブログランニング関連記事一覧

ナイキランニングシューズ一覧 icon

サイズについて

シューズの長持ち方法

NIKE.comの返品方法









材別特性のまとめ
cfaf4710b9655bad586bc609f266d438_s

ズームX
抜群の軽量性と反発性が特徴のナイキ最強のスピードUP素材。厚く配置することでクッション性も高水準で提供することが可能。寿命が160〜400km程なのがネック。

ナイキが唯一自社開発した万能素材。クッション性、反発性、軽量性、耐久性と今まで同時提供が難しいとされていた4つの機能全てを高水準で提供してくれる。

■ファイロン
軽量で反発性があり適度に柔らかい素材。主にバスケットボールシューズに用いられ、大柄な選手のパワーにも耐えうる耐久性も兼ね備えている。

■クシュロン
クッションが語源の柔らかい素材。初心者向けや練習用として推奨されているシューズに採用されることが多い。クシュロンSTと呼ばれる軽量バージョンも存在している

外側にファイロン、内側にクシュロンを採用したハイブリッド素材。柔らかさと反発性を適度に両立させている。ただ、組み合わせた分、耐久性が劣ってしまった。

■ジョイライド 
非常に柔らかいビーズをパックに内蔵したナイキ最新のテクノロジー。ナイキ史上最高のクッション性を提供。反発力が弱いため10キロ以上のランには不向き。上級者はリカバリーランに初心者は軽いジョグ、ウォーキングに用いるのがオススメ。

簡単に言うと繊維を張り巡らせたパック。着地の際に沈み込み反発することで、前への推進力を提供してくれる。シューズ毎に配置されている位置が異なるため、自身の走法に合わせた選択が必要。

■カーボンプレート
NEXT %、ズームフライシリーズに使用されている。スプーン状のプレートが坂道を下っているかのような走り心地を提供。メーカーは走法の推奨はないと言っているが、形状を加味するとフォアフット走法に優位に働くパーツと言える。





ッドソール素材別搭載機能ランニング
8554cd229253247b495453b64c53466d_s
■クッション性
ジョイライド〉リアクトルナロンズームX=クシュロン〉ファイロン

■反発性
ズームXリアクト〉ファイロン〉クシュロン〉ジョイライド〉ルナロン

■軽量性
ズームXリアクト〉ファイロン〉ルナロン〉クシュロン〉ジョイライド 

■耐久性
リアクト〉ファイロン〉ジョイライド〉クシュロン〉ズームXルナロン


ューズ別クッション性、反発性、軽量性、耐久性ランキング
d4d37615d144c1ccf4fbbbe3c0a40b73_s

1、ジョイライド ラン フライニット 
スクリーンショット 2019-11-25 21.38.54

・クッション性1位、反発性12位、軽量性12位、耐久性11位

ナイキ史上最もクッション性の高い構造のジョイライドと呼ばれるビーズポッドを4つ搭載している。

柔らかい=反発性があまり感じられないシューズではあるので、スピードを生かした走りをする、したいのであれば物足りなさを感じる可能性あり。

重量はメンズ28cmで約335gと今回ピックアップしたシューズの中で最も重量があります。

耐久性はテストした距離が600kmと少なめなので低い順位となっています。

用途は、フルマラソンでの使用はメーカーが推奨していない(長くても10kmほど)ので、初心者のウォーキング、ジョギング、上級者のリカバリーラン使用することをオススメします。

名前の通りランニングにネガティブな人もエンジョイできるをテーマに作成されたランニングシューズなので、走った時の感覚は想像を絶する気持ち良さです。
ランニングが苦ではなくなる、今までにない履き心地を是非体験してみて下さい。


2、リアクトシリーズ
スクリーンショット 2019-11-25 21.38.31

・クッション性2位、反発性10位、軽量性6、8位、耐久性1位

エピックリアクトオデッセイリアクトなど商品名にリアクトと付くシューズにリアクト素材は搭載されています。

特徴としては、今まで共存が不可と言われていた”クッション性、反発性、軽量性、耐久性”全てを高水準で搭載していること。

良い意味でも悪い意味でも中途半端と言われがちですが、ナイキランニングシューズで迷ったらリアクトを選択すれば失敗はない万能性は魅力的です。

ズームエアやプレートが未搭載となっていることから、反発性ランキングは低め。
重量も厚手で密度が濃いことからメンズ28cmで約239g(オデッセイ)メンズ28cmで約265gとやや重ためになっています。
ただ、重たい=サポート性が高いと言えるので、耐久性は約1,000kmを超えても使用できるほど。
クッション性は言わずもがなのジョイライドと同等レベル。

用途も普段履きからフルマラソンまで使用が可能なので、汎用性抜群です。

快適で軽快な走りを感じたい人にオススメのランニングシューズとなっています。


3、ナイキ エア ズーム ボメロ 14
スクリーンショット 2019-11-25 21.44.03

・クッション性3位、反発性4位、軽量性11位、耐久性2位

リアクト素材でズームエアを挟んだミッドソールは唯一無二です。
ナイキのランニングシューズの中で、この組み合わせはボメロ 14だけ。

搭載されているリアクト素材は厚手で、ズームエアも足全体に配置していることが特徴的です。
上記構造が影響して重量はメンズ28cmで約300gと重ため。

反発重視の構造ではあるが、厚手のリアクト素材が影響してクッション性が抜群。

元々反発性の高いリアクトと反発性がメインのズームエアが影響して反発性も抜群です。

耐久性もリアクトを贅沢に使用していることから2位の位置につけている優秀さ。

ボメロ 14は、高級なペガサス 36と言えばイメージしやすいかもしれません。

初心者であれば長い距離を快適に走りたい方、上級者であれば長距離の練習用(スピード問わず)とランレベルに関わらず使用することが可能。


4、ナイキ エア ズーム ストラクチャー 22
スクリーンショット 2019-11-25 21.49.07

・クッション性4位、反発性11位、軽量性12位、耐久性7位

現在唯一”ダイナミックサポートテクノロジー”が搭載されているランニングシューズです。
ダイナミックサポートとは、内側を硬く、外側を柔らかい素材にすることで、オーバープロネーションを防いでくれるテクノロジー。

ランニング時に膝が痛くなる、内側のアウトソールだけが削れてしまう走法の安定しないランナーの救世主的なランニングシューズとなっています。

クッション性と反発性のバランスが絶妙なので、初心者のフルマラソンシューズとして活躍中。
ちなみに、ズームエアは前足にのみ搭載されています。

ランキングだけ見ると他のシューズに見劣りしますが、オーバープロネーションに対応していることはかなりの強みとなっておりますので、お忘れなく。


5、ナイキ エア ズーム ペガサス 36
スクリーンショット 2019-11-25 21.53.22

・クッション性5位、反発性5位、軽量性10位、耐久性8位

クシュロンSTと呼ばれる軽量でクッション性のある素材とズームエアを組み合わせたミッドソールが特徴的なランニングシューズです。

ズームエアは、フォアフット、ミッドフット、ヒールストライク全ての走法に対応すべく足全体のフルレングス仕様。

36というバージョン数が物語る万能っぷりはこの構造からも現れています。

オススメ用途は、初心者のレース用、中級者の練習用のシューズ。
この位置付けから見てもサポート性の高い構造となっていることが分かります。

36という長い間君臨している汎用性と人気を誇っているランニングシューズなので、全体的にバランスのとれたシューズとなっています。

重量は、メンズ28cmで約281gとやや重ため。


6、ナイキ ズーム ペガサス ターボ 2
スクリーンショット 2019-11-25 21.58.43

・クッション性6位、反発性3位、軽量性3位、耐久性4位

全ての機能において高順位となっているペガサスターボ 2

足裏に当たる部分の素材がズームX、地面に当たる部分の素材がリアクトとなっています。

ヒール下部にズームXの文字が刻まれていることから「逆じゃないの?」と感じるかもしれませんが、デザイン性を重視してこのようになったとのこと。

地面に当たる部分をズームXにしてしまうと、耐久性が著しく低下してしまうため、デザインとは異なる構造となっています。

この構造が影響して800〜1,000kmほど使用することが可能です。

クッション性と反発性は使用している素材を見る限り疑い用がありません。
納得の順位だと思います。

また、薄手のトランスルーセント素材のアッパーも影響してか重量もメンズ28cmで230gと軽量。

用途としては、上級者のスピードトレーニングとなっているため、レース本番に使用する人は少ない印象です。

サイズ感は、ストレスフリーのゆったりした印象なので、記録を狙う本番には向かないのかもしれません。





7、ナイキ ズーム ライバル フライ
FullSizeRender

・クッション性7位、反発性9位、軽量性3位、耐久性9位

日本の駅伝選手、部活生を中心に毎日ランニングに取り組む方へ向けて展開されたちシューズです。

日本人の足型を元に作られているので、他のランニングシューズと比べると前足が広めになっています。

毎日の練習に体が耐えられるよう柔らかいクシュロン素材をミッドソールに配置しています。

ズームエアは前足に搭載されていて、スピードを生かしたフォアフット寄りの走りに適した構造です。

上記構造からも、駅伝やスピードトレーニングに適したランニングシューズであることが分かると思います。

耐久性はクシュロン素材が影響して低めの位置にいますが、衝撃をダイレクトに受けるアウトソールは耐摩耗ラバーと丈夫な作りとなっていることは忘れずに。

重量は、メンズ28cmで約230gと軽量です。


8、ナイキ ズーム グラビティ
FullSizeRender

・クッション性8位、反発性6位、軽量性7位、耐久性5位

短い距離のスピードトレーニング、10キロまでのジョギング、毎日ランニングを行う部活生までランレベル問わず様々な場面で活躍するのが、ズーム グラビティです。

足に当たる内側を柔らかく、地面に当たる部分を硬く部位ごとに変化させたファイロンをミッドソールに採用しています。

ファイロンは反発性のあるやや硬めの素材ではありますが、厚手に配置されているためクッション性も高く、前足のズームエアと相待ってクッション性と反発性のバランスが絶妙なランニングシューズです。

メンズ28cmで約250gと少し重ためですが、その分耐久性が高く、毎日使用した場合でも長い間愛用できます。

芝や土、砂など、路面に関わらずグリップ力を発揮できることも、ズーム グラビティの特徴だと思います。


9、ナイキ ズーム フライ 3
FullSizeRender

・クッション性9位、反発性2位、軽量性9位、耐久性3位

アッパーをフライニットから吸水性の少ないヴェイパーウィーブという軽量な素材に変更。

吸水性が少ないということは、雨の日のランニングめシューズの重量が変わらず快適に走ることが可能です。

ミッドソールは前作同様のリアクト素材にフルレングスの純カーボンプレートを挟んだ形状を採用。

リアクト部分を増量しているため、重量は増してしまいましたが、クッション性が向上し、後半の記録アップが期待できます。

重量はメンズ28cmで約275gと重め。
その分耐久性が増しているので、その辺をどう捉えるかが重要だと感じます。

アウトソールの形状を一新し、濡れた路面でグリップ力を向上させています。
FullSizeRender

・クッション性10位、反発性1位、軽量性1位、耐久性12位

現時点でナイキ最速のランニングシューズが、このネクスト%です。

ズーム フライ 3と同様、フライニットアッパーを吸水性の少ないヴェイパーウィーブ素材に変更し、水への耐性と軽量化を図っています。

ミッドソールは変わらず、ズームXとフルレングスの純カーボンプレートを採用。

ズームXの容量を増やしたことで寿命が約160kmから約400kmにUPし、クッション性も向上しています。

アッパーを軽量なヴェイパーウィーブにしたことで、ズームXの容量を増やしたにも関わらず重量は前作同様のメンズ28cmで約195gと最軽量となっています。

大迫傑選手
キプチョゲ選手などプロアスリートも愛用している点も一般ユーザーとしては嬉しいポイントとなっています。


11、ナイキ エア ズーム エリート 10
eri-to10

・クッション性11位、反発性8位、軽量性5位、耐久性10位

ナイキ好きからすると今は昔感はあるかもしれませんが、今でも根強いファンがいる薄底モデルの定番でもあるエリート 10

前足に搭載されているズームエアとクシュロンSTの柔らかく軽量なミッドソールが特徴的です。

薄底タイプのランニングシューズなので、自身の足の力を十分に発揮することで記録に直結する一足となっている。

重量はメンズ28cmで約233gと軽量な部類に入ります。

クシュロンとズームエアの組み合わせと薄底であることが影響して耐久性は低め。
480〜800kmほどの寿命ではあるので、大切に使用すれば従来のランニングシューズ同様の寿命を全うできると思います。


12、ナイキ エア ズーム ストリーク 7
sutori-ku7

・クッション性12位、反発性7位、軽量性2位、耐久性10位

これまた、今は昔の薄底ナイキランニングシューズ。

エリート 10との違いは、軽量で反発力のあるファイロン素材のミッドソールとヒールに搭載されているズームエア

ズームエアの配置からして、ヒールストライク走法のランナーに重宝される構造となっている。

薄底なので、自身の足の力で前へ前へ進む、進みたいランナーにオススメ。

重量はメンズ28cmで約209gとナイキで2番目を誇る軽さとなっています。


いごに...
a83b43e5a8e136d176ad4009fa91f810_s

一年の総集編との思いで長々と書き綴ってしまいましたが、今後出る新商品との比較これからナイキのランニングシューズを買おうと考えている方の参考になれば嬉しいです。

ちなみに、ランキングに関しては個人的主観も含まれておりますので、優しい気持ちでご覧頂けると嬉しいです。

また、簡潔にまとめているので、シューズの全ての機能がこのページで分かる訳ではありません。

詳細は、商品名のリンクをクリックすることで、詳細が書かれているページへ飛ぶことができるので、気になるシューズがあればクリックして確認していただけると幸いです。

2019年も残すところ1ヶ月弱となりました。
この時期は、パフォーマンスシューズの新商品販売は珍しく、今後こういったまとめ記事を書いていければと思っています。

こんなまとめ記事を書いて欲しい

この商品をレビューして欲しい

など、ご意見があればコメント、またはメッセージにてお寄せ下さい。
もちろん、Twitterへのコメントでも構いません。
皆様あってのブログなので、何かあればお気軽にお声がけ下さい!!


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

当ブログランニング関連記事一覧

ナイキランニングシューズ一覧 icon

サイズについて

シューズの長持ち方法

NIKE.comの返品方法


 

 





NIKE 公式オンラインストア

【比べてみた】初代ナイキ ズーム ビクトリー エリートと2代目ナイキ ズーム ビクトリー エリート 2を比べてみた!【まとめ】




じめに...
FullSizeRender

今回は、コメントにて頂いたご意見を参考に、陸上スパイクの"ナイキ ズーム ビクトリー エリート"の初代と2代目を比べてみようと思います。

しかし...初代ビクトリー エリートの情報が少なかったため、軽い気持ちでご覧頂けると嬉しいです。

正直今までで一番大変だったかもしれません!

頑張ってまとめましたので、是非最後までご覧下さいませ!!


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

当ブログ 陸上関連記事一覧

ナイキ ズーム ビクトリー エリート

ナイキ ズーム ビクトリー エリート 2

サイズについて

シューズの長持ち方法







ーカー推奨対応競技
 

FullSizeRender
メーカー推奨対応競技:800〜1500mの中距離用スパイク


FullSizeRender
メーカー推奨対応競技:800〜5000mの中距離用スパイク

 



能面素材の違い

FullSizeRender
スタイル:526627
価格:18,000円(税抜)
重量:28cmで約113g
スパイクピン:6つの取り外し可能なスパイクピン

アッパー:合成繊維のメッシュ素材と人工皮革、合成樹脂を組み合わせたアッパー。
かなり薄手のメッシュとなっているため、通気性が抜群。
ただ、薄手にした結果、ゆとりが生まれ過ぎたため、中足部分に8本のダイナミックフライワイヤーを配置している。
当時のレベルではブレない走りを提供していたが、2代目と比べるとサポート性は劣ってしまう。
ちなみに、ヒール部分の大穴は健在。
2代目よりやや小さめですが、そもそもの通気性が高いので、気にする必要はないと思います。

ミッドソール:軽量で反発性を提供してくれるファイロン素材を採用。
2代目と比べると僅かに厚手で特に土踏まず部分の形状が異なります。
ヒールの細かい溝も特徴的。
スピードの面では2代目より劣ってしまいますが、クッション性は高め。
快適に走った結果、記録が生まれるスパイクに仕上がっている。

アウトソール:カーボンファイバー製のプレートを前足から3/4の範囲で配置。
これは、コーナーでスピードが落ちないようにと採用されたパーツ。
形状は真っ直ぐに近いが、しなることで反発性を提供。
もちろんシューズの寿命を高める効果も担っている。


FullSizeRender

商品名
ナイキ ズーム ビクトリー エリート 2(2代目)
スタイル:835998
価格:20,000円(税抜)
重量:メンズ28cmで約130g
スパイクピン:取り外し可能な6本のステンレススパイクピン

アッパー:フライメッシュ(エンジニアードメッシュ)と呼ばれる高級な高性能のメッシュ加工が施されているアッパー。
フライメッシュは編み込みかたを部分ごとに変えることが可能で、通気性が必要な足の甲部分な部分などはオープンに、サポート性が必要な中足部サイド、ヒール部分などはタイトに編み込んでいる。
タイトに編み込んでいる部分があるので重量が初代より重いのはアッパーが影響している。
ただ、サポート性が上がったことで踏ん張りの走りが可能で、蹴り出すパワーをより生んでくれる2代目の方が、総合力が高いスパイクと言える。
 
ミッドソール:初代同様軽量で反発力が高いファイロン素材を配置。
初代より僅かに薄手なので、クッション性は劣る。
新しいプレートに適合するために形を変えた結果薄手になったとも言えるので、ネガティブな違和感を感じることはない。
 
アウトソール:ナイロン樹脂のプレートを前足から3/4の範囲に配置。
形状も独特で、ハニカムパターンと呼ばれる耐久性のある五角形のパターンを採用している。
カーボンと比べると反発力に劣るが、五角形のパターンを採用したことで、衝撃、反発力が均等に分散、排出されるので、効率的かつ体に負荷のない走りを可能としてくれる。 





とめ
cfaf4710b9655bad586bc609f266d438_s

基本は、自身が行う競技とメーカー推奨競技が適正かを照らし合わせましょう。

メーカー推奨対応競技:800〜1500mの中距離用スパイク

メーカー推奨対応競技:800〜5000mの中距離用スパイク

プロ選手には極稀に、推奨競技外のスパイクを着用している方が見受けられますが、オススメしません。
プロ選手のように壊れたら新しいスパイクを用意してもらえる環境であれば問題ないと思いますが、対応外競技を行うことで予想外の負荷がスパイクにかかると早期破損に繋がってしまいます。

また、自身の体にも予想外の負荷がかかり、怪我に繋がっては元も子もありません。

もちろん、選択し使用するのは自身ですので、個々の判断となりますが、当ブログでは推奨できません。


次に注目する点は、機能と構造が自身の求めているものなのかということです。

ナイキ ズーム ビクトリー エリート(初代)
アッパー:一般的な合成繊維のメッシュ素材
ミッドソール:ファイロン素材
アウトソール:カーボンプレートと合成素材

ナイキ ズーム ビクトリー エリート 2(2代目)
アッパー:高級なフライメッシュ(エンジニアードメッシュ)素材
ミッドソール:ファイロン素材
アウトソール:ナイロン樹脂のプレートと合成素材

機能ごとのステータスが高いのは、

反発性ナイキ ズーム ビクトリー エリート 2(2代目)
クッション性ナイキ ズーム ビクトリー エリート(初代)
耐久性ナイキ ズーム ビクトリー エリート 2(2代目)
汎用性ナイキ ズーム ビクトリー エリート 2(2代目)

あくまで機能と構造を加味した個人的な意見なので、参考程度に捉えて下さい。


そして最後に、サイズ感について。

普段一般的なナイキシューズの27cmを使用していると仮定した場合、

ナイキ ズーム ビクトリー エリート(初代)はハーフサイズ小さい26.5cm
ナイキ ズーム ビクトリー エリート 2(2代目)は同じ27cm

上記を軸に試着することをオススメします。

一般的なシューズを参考にパフォーマンスシューズを選択する場合、ややタイト目のサイズを選択することをオススメします。

普段用のシューズは楽に日常生活を送るため、ゆったりしたサイズを選択しがちです。

タイト目なサイズに慣れていないかもしれませんが、幅感はややタイト目であることが重要でdす。
キツイのではなくピタッとブレない履き心地を意識しましょう。


いごに...
a83b43e5a8e136d176ad4009fa91f810_s

いかがでしたでしょうか?
初代エリートは、ナイキにしては古い商品だったので、情報収拾が難しく、皆様が思っていた、欲しかった情報の記載ができていないかもしれません。

今購入するのも難しいシューズでもあるので、実際に履いて比べることも難しいでしょう。

そのため、スパイクの進化の過程を楽しむ記事だと思って頂けると嬉しいです!

また、「比べてほしい」、「こういった記事を書いて欲しい」などご意見があればコメントやメッセージにてお知らせ下さい!

今回コメントを下さった方、本当にありがとうございました!!


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

当ブログ 陸上関連記事一覧

ナイキ ズーム ビクトリー エリート

ナイキ ズーム ビクトリー エリート 2

サイズについて

シューズの長持ち方法


 

 




【レビュー】安定感抜群のオデッセイにも耐水モデルが登場!ナイキ オデッセイ リアクト シールド!!【ランニング】

NIKE 公式オンラインストア


じめに...
FullSizeRender

安定した走りを提供するオデッセイ リアクトからも雨に強いシールド搭載シューズが登場しました。

どちらかといえばオデッセイ リアクト 1に近い見た目に防水機能を搭載したモデルとなっているのが特徴的です。

密度の濃いタイトなメッシュを合成樹脂で補強したブーティー構造の耐水アッパーリアクト素材のミッドソール水への耐性抜群のストームトレッド構造のアウトソールといった耐水を意識した構成となっています。

そんな、ナイキ オデッセイ リアクト シールドを紐解き紹介したいと思います!


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

当ブログランニング関連記事一覧

ナイキランニングシューズ一覧 icon

ナイキ オデッセイ リアクト シールド icon

サイズについて

シューズの長持ち方法

NIKE.comの返品方法




イキ オデッセイ リアクト シールドの詳細について
FullSizeRender

スタイル:BQ1671(メンズ通常モデル)、CV5808(メンズNIKE BY YOU)、CV5890(ウィメンズ NIKE BY YOU)

価格:14,850円(メンズ通常モデル)、16,200円(NIKE BY YOU)税込

対象ランナー:フルマラソン4時間以内のランナーの本番、練習用、フルマラソン3時間以内のランナーの練習用、リカバリーラン用

オフセット(ドロップ):10mm(前足18mm、ヒール28mm)

足型(ラスト):MR-10-KT(オデッセイ共通の足型)

サイズ感:タイトな編み込みの合成繊維と補強パーツとして配置されている合成樹脂、シュータン一体型の形状が相まって全体的にタイトな作りとなっています。通常のオデッセイを利用されていても0.5cmサイズアップを視野に入れてもいいかもしれません。特に足の甲のサイズに不安を感じている方は要注意です。

素材→アッパー:合成樹脂、合成繊維
           ミッドソール:リアクト
           アウトソール:合成底





ーポイント
e7e38fc6075ba15493bbcad6b2ee7a8c_s

■合成樹脂と密度の濃い編み込みのメッシュがシューズ内への浸水を防いでくれる
ナイキ オデッセイ リアクト シールド

合成繊維の耐水素材を密度の濃いタイトな編み込みで仕上げた耐水アッパー

その耐水アッパーを更に浸水から守るため、つま先、中足部、ヒールに合成樹脂パーツを配置した最強の布陣となっています。

豪雨から足を守る約束はできませんが、通常の一般的な雨であれば足を極力濡らすことなく、ストレスのないランが可能です。

ただ、密度の濃い編み込みと広範囲に合成樹脂を配置しているので、サイズ選択に注意する必要があります。

通常のオデッセイリアクトと比べても0.5cmサイズアップがオススメで、普段使用のシューズと比べてしまうと1cmサイズアップの検討も視野に入れましょう。


■ブーティー構造が足首からの浸水を最小限にしてくれる
ナイキ オデッセイ リアクト シールド2

シュータン一体型のブーティー構造が、足にピタッとフィット。
以外と浸水しやすい足首部分からの浸水を最小限にしてくれます。

ピタッとフィットとなってはいますが、柔らかい足当たりの良い素材を採用しているので、不快感は皆無
耐水に重きを置きながらも履き心地を捨てることのない...あくまで快適なランをサポートしてくれる構造仕様になっています。

このブーティー構造も、サイズ感に影響する部分なので注意して下さい。
足の甲が高い方は、0.5〜1cmサイズアップを検討しましょう。 


■リアクトミッドソールはもちろん継続
ナイキ オデッセイ リアクト シールド3

もちろん、通常モデル同様ミッドソールにはリアクト素材を採用。

リアクトは、反発性がありクッション性もあり軽くて丈夫万能素材
ランレベルに関係なく初心者から上級者どんなランナーでも納得する走り心地を提供してくれます。

また、通常モデルから構造をミッドソールの構造を変えていないので、違和感なく乗り換えることができると思います。

リアクトについての詳細は、こちらの記事で紹介しています。
お時間があれば合わせてご確認頂けると嬉しいです。


■ストームトレッド構造のアウトソールが濡れた路面でグリップ力を発揮
ナイキ オデッセイ リアクト シールド4

ストームトレッドとは、ペガサス 35 シールドから採用された構造で、溝が深く粘着性が高いアウトソールを指します。

溝が深いことで=水を上手く排水
粘着が高い=濡れた路面でも高いグリップ力を発揮

上記利点があります。

大会の際の悪天候を想定悪天候でも練習がしたい場合は、一足持っていても損のないランニングシューズではないでしょうか?

また、ナイキ オデッセイ リアクト シールドのアウトソールは他のシューズと異なり左右前後広範囲にラバーを配置しています。

そのため、濡れた路面でグリップ力を最も発揮するシールドシューズと言えると思います。
グリップ力重視なのであれば、ナイキ オデッセイ リアクト シールド一択と言っても過言ではないと感じています。


いごに...
a83b43e5a8e136d176ad4009fa91f810_s

オデッセイシリーズは、販売当時はオーバープロネーションに対応したダイナミックサポートを搭載したシューズでした。

現在は、ダイナミックサポートは搭載されていませんが、

アッパー:密度の濃いメッシュと合成樹脂、広範囲のヒールサポートパーツの配置、シュータン一体型
アウトソール:広範囲にラバーを配置


上記構造の工夫で足に力がなくても足に疲労が溜まっていても
足のブレを最小限にする
工夫が数多く施されています。

また、耐久性の高いリアクトミッドソールを採用しているので、練習から本番まで他のシューズを併用することなく使い続けることも可能となっています。

上級者の本番用にも物足りないシューズかもしれませんが、練習用として大活躍すると思います。
初心者から中級者の場合は、練習から本番...全てをサポートしてくれるはずです。

上記のように万能なオデッセイ リアクトにシールドが搭載されたと考えて見て下さい!
凄いですよね?

今まで網羅できていなかった雨天時のランをサポートできるようになったオデッセイ リアクト最強の汎用性のあるランニングシューズになったのではないでしょうか?

秀でた能力はありませんが、迷ったら購入を即決できる多様性は魅力的だと思います。

もちろん、購入するならNIKE.comをお勧めします。

なぜなら、出荷日より30日以内であればNIKE BY YOUのナイキ オデッセイ リアクト シールドであれ返品が無料で行えるからです。

万能なシューズかもしれませんが、使用して見ないことには自身に合う合わないの判断ができないと思います。

NIKE.comの返品制度を積極的に活用し、自身に合った最高のランニングシューズを見つけて下さいね!!


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

当ブログランニング関連記事一覧

ナイキランニングシューズ一覧 icon

ナイキ オデッセイ リアクト シールド icon

サイズについて

シューズの長持ち方法

NIKE.comの返品方法

 




NIKE 公式オンラインストア

【レビュー】足首からの浸水もしっかりガード!防水仕様のランニングシューズ!ナイキ ズーム ペガサス ターボ シールド!!【ランニング】

NIKE 公式オンラインストア


じめに...
FullSizeRender

ハイレベルのランナーの練習用(スピードトレーニング)をメイン用途として展開されているナイキ ズーム ペガサス ターボ シリーズ icon

そんな、ナイキ ズーム ペガサス ターボ シリーズに待望のシールドモデルが登場しました。

防水加工を施した合成繊維合成樹脂で補強したハイカットアッパーは、ジッパー付きの2重構造で雨の日でも足元を気にすることなく使用可能です。

また、ミッドソールは通常モデルと変わらないズームXリアクトを重ねた構造で、通常モデルを使用している方でも違和感のない履き心地となっています。

アウトソールは、濡れた路面でもグリップ力を発揮できるよう粘着性の高い素材を配置しています。


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

当ブログランニング関連記事一覧

ナイキランニングシューズ一覧 icon

ナイキ ズーム ペガサス ターボ シールド icon

サイズについて

シューズの長持ち方法

NIKE.comの返品方法




イキ ズーム ペガサス ターボ シールドの詳細について
FullSizeRender

スタイル:BQ1896(メンズ)、CJ9712(ウィメンズ)

価格:23,100円(税込).

対象ランナー:フルマラソン3時間半以内のランナーのレース用、フルマラソン3時間以内のランナーの練習用(スピードトレーニング)

重量:メンズ27cmで約283g、ウィメンズ25cmで約213g

オフセット(ドロップ):10mm

足型(ラスト):MR-10(通常モデルと同じ)

サイズ感:2重構造のアッパー、合成樹脂の補強パーツ、ハイカット構造が影響して、通常モデルよりタイトな印象です。特に足首の太さによっては0.5〜1cmサイズアップしても合わない可能性も考えられます。基本0.5cmサイズアップすることで通常モデルに近しいサイズ感になると思います。

素材→アッパー:合成繊維、合成樹脂
   ミッドソール:ズームX、リアクト
           アウトソール:合成底





ーポイント
e7e38fc6075ba15493bbcad6b2ee7a8c_s

■アッパーに使用されている合成繊維は防水加工が施されている
FullSizeRender

ナイキ ズーム ペガサス ターボ シールドのアッパー外側の合成繊維には防水加工が施されています。


撥水→小雨程度
耐水→一般的な雨
防水→どんな雨でもドンと来い!

ナイキの撥水、耐水、防水の定義は上記となるため、実質ナイキ最強の雨用ランニングシューズではないでしょうか?

悪天候でも記録を狙いたい練習したいと考えているランナーであれば一足持っていても損のないランニングシューズだと思います。

懸念点は、通気性が通常モデルより劣っているため、天気の日の使用が実質不可(物理的には可能)、通気性が物足りずカロリー消費が激しく疲れを感じやすいことでしょうか。。。

実際に走ってみなければ分からない部分ではあるため、通気性を確認するためにも、一度雨の日に走ってみることをオススメします。


■適材適所に合成樹脂パーツを配置し補強
FullSizeRender

アッパー外側には、浸水を防ぎ耐久性をUPさせるため適材適所に合成樹脂を配置しています。

特に負荷のかかるミッドソールとの繋ぎ目の部分に配置されており、早期破損を最小限にしてくれます。

ジップ(チャック)部分にも合成樹脂を配置しているため、ジップを閉めてさえいれば浸水の心配は皆無だと思います。

また、合成樹脂を配置していることでフィット感も僅かですが向上しているので、サイズ感に注意が必要かもしれません。


■2重構造のアッパー内側の秘密
FullSizeRender

なんと、アッパーは2重構造となっています。

外側のジップ(チャック)を開くことで、内側のメッシュとシューレースが顔を出します。

メッシュ部分はかなりオープンな構造となっているため、通気性をそこまで損なうことなく足がブレないフィット感を演出してくれています。

また、シューレースはマジックテープとなっているため、ストレスを感じることなくサイズ調整を行うことが可能です。

天気の良い日にどうしても走りたい場合は、外側のジップを少し下げれば通気性が増し、快適に走ることができると思います。


■通常モデルと同じズームXとリアクトを合わせたミッドソール
FullSizeRender

通常モデルと全く同じズームXリアクトを組み合わせたミッドソールを配置しています。

詳細はこちらのページで確認できるので、ぜひご覧下さい。

簡単に説明すると、足裏に当たる部分がズームX、地面に当たる部分がリアクト素材となっており、ズームXの脆さをリアクトが補い高い反発力を提供するイメージです。


■濡れた路面でもグリップ力を発揮するアウトソール
FullSizeRender

アウトソールは、通常モデルと僅かに異なる粘着性が高い素材を配置。

濡れた路面でも安心して、走ることが可能です。

しかし、画像中央の緑部分はミッドソールに配置されているリアクトとなっているので、ミッドフット走法の場合は注意が必要かもしれません。

指で触るだけでも粘着性が高いことは分かると思うので、手に取れる環境であれば確かめてみて下さい。

また、NIKE.comであれば、実際に走ったとしても期間内であれば返品が可能なので、こちらも検討してみて下さい。


いごに...
a83b43e5a8e136d176ad4009fa91f810_s

防水のナイキシューズは、ランニングカテゴリに限らず珍しいシューズとなっています。

そのため、トレイルや登山での使用は危険なのでオススメできませんが、キャンプなどのアウトドア雨の日用の普段使用シューズとしても大活躍すると思います。

もちろん、大前提は悪天候のランニングではあるのですが。

記録更新を狙っていた大会当日が雨であれば、ナイキ ズーム ペガサス ターボ シールドを使用することで記録更新を狙えますし、いつも負けていたライバルにも差をつけられるかもしれません。

近年は人間の身体では出せる記録に限界があり、シューズやウェアで差が生まれることが多々あります。

そんな近年の傾向に合ったナイキ ズーム ペガサス ターボ シールドをぜひ使用してみましょう。

毎度お伝えしてはいますが、購入はNIKE.comでしましょうね!

なぜなら、出荷日より30日以内であれば使用後でも無料で返品が可能だからです!!


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

当ブログランニング関連記事一覧

ナイキランニングシューズ一覧 icon

ナイキ ズーム ペガサス ターボ シールド icon

サイズについて

シューズの長持ち方法

NIKE.comの返品方法

 




NIKE 公式オンラインストア

【レビュー】雨の日にも走りたいランナーのためのランニングシューズ!ナイキ エア ズーム ペガサス 36 シールド!!【ランニング】

NIKE 公式オンラインストア


じめに...
FullSizeRender

ナイキで最も長い歴史のあるランニングシューズのペガサスシリーズの最新モデルペガサス 36撥水加工を施した雨の日用モデルナイキ エア ズーム ペガサス 36 シールドが登場しました。

合成樹脂素材をメインにしているので、水への強さはもちろん、耐久性も非常に高いアッパーとなっています。

ミッドソールには引き続き、柔らかいクシュロン素材でズームエアを挟む通常のペガサス 36と同じ構造を採用。
 
ペガサス 36を愛用してる方でも違和感なく使用することができると思います。

アウトソールは、通常モデルより粘着性が高く雨の日のグリップ力を発揮。
溝が深いので、排水効果も高い仕様になっています。


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

当ブログランニング関連記事一覧

ナイキランニングシューズ一覧 icon

ナイキ レボリューション 5 フライイーズ icon

サイズについて

シューズの長持ち方法

NIKE.comの返品方法







イキ エア ズーム ペガサス 36 シールドの詳細について
FullSizeRender

スタイル:AQ8005(メンズ)、AQ8006(ウィメンズ)

価格:14,850円(税込)

対象ランナー:雨の日も記録を狙いたいフルマラソン4時間以内のランナー、雨の日も走りたいフルマラソン3時間半以内のランナーの練習用(スピードトレーニングにオススメ)

重量:メンズ27cmで約274g、ウィメンズ25cmで約249g

ラスト(足型):MR-10(通常モデルと同じ足型)

オフセット(ドロップ):10mm(前足12mm、ヒール22mm)

サイズ感:合成樹脂がメイン、撥水加工で伸縮性がやや低下していることから通常版より僅かですがタイトな印象です。サイズ感は記録へ繋がる大切な要素です。0.5cmサイズアップも視野に入れて下さい。

素材→アッパー:合成樹脂、合成繊維
   ミッドソール:クシュロン
   アウトソール:ゴム底





ーポイント
e7e38fc6075ba15493bbcad6b2ee7a8c_s

■撥水加工のアッパーが雨の日のランも足をドライに保つ
FullSizeRender

撥水加工を施した、合成樹脂と合成繊維のアッパーを採用しているので、雨の日のランニングを快適に行うことが可能です。

ナイキの撥水加工は、あくまで小雨程度に対応しています。

そのため、濡れた状態で圧がかかってしまうと浸水してしまうので、その点を踏まえた上で購入を検討して下さい。

撥水→小雨程度
耐水→一般的な雨
防水→どんな雨でもドンと来い!

上記認識が最良です。

ただ、雨が浸透しないレベルの通気口が設けられているため、浸水してしまってもある程度走ればドライになるように工夫されています。

浸水した場合でも、シューズ本体の重量がそこまで増えることがないというのは強みです。

人により感じ方は異なると思いますので、まずは実際に雨の日走ってみて記録アップに繋がるのかを試してみて下さい。


■全方向に反射素材を配置し夜道のランも安心安全
FullSizeRender

FullSizeRender

FullSizeRender

画像を見れば一目瞭然ですが、全方向に反射素材を配置しています。

これは、本体が暗闇で光を放つわけではなく、車のライトなどが当たった際に反射するということ。

カメラをフラッシュ機能をオンにして撮影すると機能を実感すると思うので、不備チェックを兼ねて撮影してみるのも面白いかもしれません。

反射素材は、仕事後などの夜道のランには必須な機能だと思うので、自身のラン環境と照らし合わせて頂けると幸いです。


■クシュロン素材とフルレングスのズームエアを組み合わせた構造は変わりありません
FullSizeRender

ミッドソールの構造は、通常版ペガサス 36と同じです。

柔らかく軽量なクシュロンST素材フルレングス(足裏全体)のズームエアを搭載。

長い距離を快適に走ることが可能な足当たりと、どこから着地してもパワーを推進力に変えることができる構造は、どんなランナーでも満足のいく仕様となっています。

↓下記は併せて読んで頂きたい記事です↓



■ストームトレッドのアウトソールが濡れた路面に最適
FullSizeRender

ストームトレッドとは、ペガサス 35 シールドから採用された構造で、溝が深く粘着性が高いアウトソールを指します。

溝が深いことで=水を上手く排水
粘着が高い=濡れた路面でも高いグリップ力を発揮

上記利点があります。

大会の際の悪天候を想定悪天候でも練習がしたい場合は、一足持っていても損のないランニングシューズではないでしょうか?


いごに...
a83b43e5a8e136d176ad4009fa91f810_s

雪道を走ることはオススメしませんが、季節問わず濡れた路面をナイキシューズで走りたい方はシールドと名の付くシューズの使用をオススメします。

ネクスト%ズームフライ3も悪天候を踏まえた構造となってはいますが、悪天候に特化しているのは水対策に100%重きを置いているシールドシューズだと思います。

不安なのは、撥水加工なので圧が掛かると浸水してしまうこと、サイズ感が通常版と僅かに異なることです。

その不安点は、NIKE.comの返品制度をフル活用することで解消できます。

NIKE.comでは、多くの商品が使用後でも出荷日から30日以内の返品が可能です。

ナイキ エア ズーム ペガサス 36 シールドも、この返品制度対象なので、実際に使用して合う合わないを判断してみて下さい!!


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

当ブログランニング関連記事一覧

ナイキランニングシューズ一覧 icon

ナイキ レボリューション 5 フライイーズ icon

サイズについて

シューズの長持ち方法

NIKE.comの返品方法


 

 




NIKE 公式オンラインストア

【レビュー】着脱楽チンなフライイーズシリーズの最新作!ナイキ レボリューション 5 フライイーズ!!【ランニング】

NIKE 公式オンラインストア


じめに...
FullSizeRender
体があれば、アスリート」というナイキの信念と足が不自由なアスリートからの声を反映させ生まれたフライイーズシリーズ

そんなフライイーズシリーズからランニングシューズの最新版が登場しました。

最大の強みはマジックテープで着脱が容易なフライイーズテクノロジーを搭載しているということ。

足が不自由であっても、自身で脱ぎ履きを容易に行うことが可能だ。

また、軽量で通気性があるニット素材のアッパーリニューテクノロジー搭載の万能ミッドソールラバーが前面に貼られたグリップ力抜群のアウトソールと足に力が無くてもランニングを楽しめる安心安全設計となっている。

そんな、ナイキ レボリューション 5 フライイーズについて今回は紹介したいと思います!!


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

当ブログランニング関連記事一覧

ナイキランニングシューズ一覧 icon

ナイキ レボリューション 5 フライイーズ icon

サイズについて

シューズの長持ち方法

NIKE.comの返品方法


イキ レボリューション 5 フライイーズの詳細について
FullSizeRender

商品名:
ナイキ レボリューション 5 フライイーズ

スタイル:CJ9885

価格:6,050円(税込)

対象ランナー:ウォーキング、ジョギング、10キロ程度のランニング

重量:メンズ27cmで約315g

足幅:エクストラワイド(4E)

サイズ感:まずはサイズ表の4Eを参照し、自身の足幅に照らし合わせましょう。ランニングシューズの中ではゆとりのあるサイズ感なので、ジャストサイズから微調整するのがベストです。

素材→アッパー:合成繊維、合成樹脂
   ミッドソール:リニュー
           アウトソール:ゴム底





ーポイント
e7e38fc6075ba15493bbcad6b2ee7a8c_s

■フライイーズ搭載のアッパー
FullSizeRender

フライイーズテクノロジー
とは、画像からも分かるように、ヒール部分にジッパーが搭載された構造を言います。

ヒール部分のジッパーを解放することで足首部分がオープンになり、シューズの着脱を容易に行うことが可能です。

また、チャック部分にはマジックテープのストラップが付いており、固定感のある安定した履き心地となっている点も特徴的です。

脱ぎ履きしやすく安定した履き心地を提供してくれるのが、フライイーズテクノロジーの強みとなっています。


■合成繊維のニットアッパーが軽く、通気性が抜群
FullSizeRender

ややオープンに編み込まれた合成繊維のニットアッパーが軽量通気性に優れた快適な履き心地を提供してくれます。

脱ぎ履きのしやすさに重点を置いている点からも伝わるように、ナイキ レボリューション 5 フライイーズは、快適性を重視しているシューズであることが分かると思います。

この軽量通気性に優れているアッパーも、快適性を重視しているナイキ レボリューション 5 フライイーズならではと言えます。


■リニューミッドソールが万人受けする
FullSizeRender

ナイキリアクトテクノロジー
を捩ったナイキリニューテクノロジー搭載のミッドソールが反発性クッション性耐久性軽量性を高い水準で提供してくれます。

リアクトには機能面で劣ってしまいますが、価格面では圧勝です。

リーズナブルな価格以上の走り心地を感じることができると思います。


■フルラバーアウトソールがグリップ力抜群
FullSizeRender

やや重量は増してしまいますが、アウトソール一面をラバーで覆うことで、抜群のグリップ力を提供してくれます。

このグリップ力を活かしだ安定した走りが魅力的で、足に力がないランナーでも安心安全にランニングすることができます。

また前2箇所後ろ1箇所を設けることで、ランニングに必要な最低限の柔軟性を確保していることにも注目して下さい。

足が地面に着いてから蹴り出しまでの動作をスムーズに行えるのは、この溝のおかげです。


いごに...
a83b43e5a8e136d176ad4009fa91f810_s

足の出し入れがしやすいというのが、ナイキ レボリューション 5 フライイーズの最も大事なポイントです。

自身のランニングシューズに求めている機能の中で、着脱のしやすさが最も重要とお考えの方は、使用しない手は無いシューズだと思いますので、百聞は一見にしかず...まずは使用してみて下さい。

また、前作との大きな違いはリニューテクノロジーを用いた柔らかいのに反発し前へ楽に進むことができるミッドソールなので、この点も念頭に置き購入を考えてみて頂きたいと思います。

なお、在庫が少ない状態ではありますが、購入するなら絶対にNIKE.comにしましょう!

なぜなら、ナイキ レボリューション 5 フライイーズは、使用後でも出荷日より30日以内であれば無条件で返品が可能だからです!

テストラン感覚で、サイズ感や走り心地、フライイーズの利便性を実際に感じてみて下さいね!!


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

当ブログランニング関連記事一覧

ナイキランニングシューズ一覧 icon

ナイキ レボリューション 5 フライイーズ icon

サイズについて

シューズの長持ち方法

NIKE.comの返品方法




NIKE 公式オンラインストア

【国内最速レビュー】ナイキの新作ランニングシューズ!? ナイキ クルーザーワン!!【ランニング】

NIKE 公式オンラインストア


じめに...
FullSizeRender
ナイキの本国アメリカのNIKE.comでは、専用ページがUPされるなど販売が決まっているナイキクルーザーワン

裏地を起毛素材(ウール)にしたローカットのメッシュアッパーリアクト素材に謎の円形を配置したミッドソール足運びをスムーズに行うための傾斜のついたアウトソールなどスピードをあまり出さないファンランウォーキング向けの仕様となっている。

正直現時点で、カテゴリもランニングなのか定かではありませんが、情報が入ってきたため、いてもたってもいられず、分かっている範囲の情報をまとめて紹介したいと思います。

国内展開も未定なので、気持ち半分でご覧頂けると幸いです!!


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

当ブログランニング関連記事一覧

ナイキランニングシューズ一覧 icon

サイズについて

シューズの長持ち方法

NIKE.comの返品方法


イキ クルーザーワンの詳細について
FullSizeRender

商品名:ナイキ クルーザーワン

スタイル:CD7307

価格:不明

用途:スピードを落としたランニング(リカバリーランなど)、ウォーキング

素材→アッパー:合成繊維、合成樹脂、ウール
   ミッドソール:リアクト
   アウトソール:ゴム底





ーポイント
FullSizeRender
画像があまり出回っておらず、ザッと確認できた機能を下記に文面でまとめます。

詳細な画像が出回り次第アップデートできればと思いますので、ご容赦下さい。


①、縫い目のないシームレスなメッシュアッパー

ナイキ クルーザーワンのアッパーは、縫い目のないシームレスなメッシュアッパーとなっているそうです。

シームレスということは、足に縫い目が当たることなく快適なランニング、ウォーキングが可能となっているはずです。

不快感が少ないというのは、運動を長続きさせるために非常に大切なポイントだと思うので、嬉しい構造だと感じています。


②、足に当たる裏地がウール

足に直接当たる内側部分は柔らかいウール素材を採用しているそうです。

汗を吸って臭いが気になるのでは?」
「汗が溜まって不快では?」
と感じるかもしれませんが、速乾性があるとのこと。
実際に使用してみないことには分かりませんが、速乾性があり柔らかい履き心地であるならば、非常に嬉しいですよね!

見た目も斬新なので、早く実物を見てみたいと強く思っております!!


③、リアクト素材と謎の円形パーツが正しい足運びをサポート

ヒールを中心に厚手のリアクト素材を配置。
リアクト素材特有の反発があるのに柔らかい履き心地を存分に楽しめるシューズとなっています。

また、リアクト素材は軽く、耐久性に優れているため、身体への負担と経済的な負担を軽減してくれる点も嬉しいポイントです。

一番気になるポイントが謎の円形パーツだと思います。

このパーツは、アウトソールの傾斜と連動し、ヒールから着地し正しい足運びでつま先へ抜ける後押しをしてくれるそうです。

まだ現物を見たことはありませんが、やや硬いパーツが足運びを強制してくれるイメージでしょうか?

ただ、スローペースのランナーには嬉しい機能だと思います。


④、傾斜がついたミッドソールが正しい足運びをサポート

またまたミッドソールの話にはなりますが、画像からも分かるように、ヒールがかなり高くつま先が薄いオフセット(ドロップ)が大きいミッドソールとなっています。

オフセット(ドロップ)が大きいほど、前への推進力が増し、まるで坂道を下っているかのような初心者でもスイスイ進める走り心地となります。

オフセット(ドロップ)の観点からも、ナイキ クルーザーワンは初心者仕様のランニング、ウォーキングシューズではないのかな?と予想できます。


いごに...
a83b43e5a8e136d176ad4009fa91f810_s

冒頭にもお伝えしたように、現時点で国内展開が未定とのことで、販売時の仕様変更も考えられます。

そのため、本当に参考程度、幻を見ている感覚でご覧頂けると幸いです。

また、カテゴリも定かではないため、もしかすると普段履き用のシューズとして展開される可能性も十分に秘めています。

不確定要素の多い記事とはなっていますが、今後のナイキシューズの展開を一緒に妄想しながら楽しめればと思っています。

位置付け的には、ジョイライドの更に初心者や子供、高齢者向けのシューズなのではと個人的に予想しています!!


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

当ブログランニング関連記事一覧

ナイキランニングシューズ一覧 icon

サイズについて

シューズの長持ち方法

NIKE.comの返品方法




NIKE 公式オンラインストア

【レビュー】透けたアッパーが軽くて水に強い!ナイキ ズーム ビクトリー 5 XC!!【ランニング】

NIKE 公式オンラインストア


じめに...
FullSizeRender
ナイキ ズーム ライバル XCと同様、今季販売されたトレイルランニング専用のシューズがナイキ ズーム ビクトリー 5 XC

大きな違いはトランスルーセントのクリアな極薄アッパー
メッシュと比べると軽量水に強いことが特徴的だ。

また、ミッドソールに内蔵されたカーボンプレートが前への推進力をアップ

更に、アウトソールの形状も僅かに異なり、ナイキ ズーム ビクトリー 5 XCは、軽さグリップ力を活かした構造となっている。

そんなナイキ ズーム ビクトリー 5 XCについて、今回は書いていきたいと思います!



イキ ズーム ビクトリー 5 XCの詳細について
FullSizeRender
商品名:ナイキ ズーム ビクトリー 5 XC

スタイル:AJ0847

価格:110ドル(約12,000円)

対応競技:クロスカントリーランニング

重量:ユニセックス27cmで約125g

サイズ感:全体的にかなりタイトであるとのレビューがUSで確認できました。足が日本人より細めなアメリカ人が普段と同じサイズでは履けなかったとなれば日本人では1cmはサイズアップすべきなのかなと感じています。トランスルーセントのアッパーはややゆとりがあるイメージですが、シュータン一体型のブーティー構造が足の甲周りもタイトにしている可能性ありです。

素材→アッパー:合成繊維、合成樹脂
   ミッドソール:クシュロン
   アウトソール:合成底





ーポイント
e7e38fc6075ba15493bbcad6b2ee7a8c_s
■トランスルーセントのクリアなアッパーが軽量性、通気性、水への耐性を提供
FullSizeRender

最近ナイキで流行とされているクリアなトランスルーセント素材をアッパーに採用しています。

トランスルーセント素材の特徴は、軽くて通気性があり水、風への耐性が強いことがあげられ、過酷なロケーションでのランニングが想定されるクロスカントリーランニングにピッタリな素材となっています。

水、風への耐性=通気性が低いのでは?と感じるかもしれませんが、マイクロレベルの通気孔が水、風の侵入を防ぎます

また、吸水性が低いので水や汗を吸ってシューズの重量が上がる心配がないというのが嬉しいポイントです。


■シュータン一体型のブーティー構造がブルれない走りを可能にする
FullSizeRender

シュータン(ベロ)部分がアッパーと一体したブーティー構造を採用しています。

サイズ選択が難しいことが難点ですが、サイズがビタっとハマった時はブレない安定した走りが可能となります。

足がブレないという点は、クロスカントリーランニングでは非常に重要で、後半バテた際に力を発揮してくれるはずです。

安定感は、険しいコースであればある程大切な要素だと思うので、細かい箇所かもしれませんが要チェックポイントだと思います。


■柔らかいクシュロンミッドソールにカーボンプレートを内蔵したミッドソール
FullSizeRender

長い距離と過酷なコースを快適に走り続けられるようクッション性に優れたクシュロン素材をミッドソールに採用しています。

まだ、そのクシュロン素材にカーボンプレートを挟むことで前への推進力をプラス
イメージはネクスト%ズームフライのような走り心地です。

柔らかいのに反発性を感じる走り心地ナイキ ズーム ビクトリー 5 XCならでは。

ナイキ ズーム ライバル XCとの大きな違いとなっています。


■6本のスパイクピンと高さの違う段差のついたパターンが抜群のグリップ力を生む
FullSizeRender

6本のスパイクピン
アウトソール全体的に配置されている高さの違う凸部分が地面をグッと捉えた抜群のグリップ力を発揮してくれます。

6本のスパイクピンは取り外し可能となっていますが、あくまでお手入れ用。
交換ピンの付属や別売はないため、注意して下さい下さい。

また、高さの違う凸部分がアウトソール全体に配置されている点もナイキ ズーム ライバル XCとの大きな違いです。

ナイキ ズーム ビクトリー 5 XCのアウトソールは、グリップ力重視となっています。

いごに...
a83b43e5a8e136d176ad4009fa91f810_s

ナイキ ズーム ライバル XC通気性と耐久性重視のアッパー、柔らかいクッション性重視のクシュロンミッドソール、ハニカムパターンの耐久性とクッション性重視のアウトソール


ナイキ ズーム ビクトリー 5 XC通気性と耐水、風性に優れたアッパー、クッション性と反発性を両立させたミッドソール、グリップ力重視のアウトソール

上記がナイキ ズーム ライバル XCナイキ ズーム ビクトリー 5 XC主な違いとなります。

クロスカントリーランニングは、レースによって大きくコースが異なるため、より自身の体、走りに合ったシューズを選択する必要があります。

ナイキ ズーム ライバル XCの記事と本記事を参考に自身に最適な方を選択して頂けると嬉しいです。

ただ、ナイキ ズーム ビクトリー 5 XC国内正規店未展開シューズ。。。
展開となる日を待ちつつ、知識を蓄えたいと思います!!


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

当ブログ 陸上関連記事一覧

当ブログランニングシューズ関連記事一覧

サイズについて

シューズの長持ち方法




NIKE 公式オンラインストア

【耐久性】ナイキランニングシューズの耐久性【ランニング】

NIKE 公式オンラインストア



じめに...
【耐久性】ナイキランニングシューズの耐久性【ランニング】

たまには、少し毛色が違う記事を...と指を動かしています。

マラソングランドシップ(MGC)でまた一段と注目されているナイキ。

新規ユーザーをどんどん取り入れている印象です。

テレビの前でピンクのシューズが気になった方も多いのではないでしょうか? 

ナイキでは数多くのランニングシューズを展開しているため、新規ユーザーはどれが自分に合っているのか分からないと思います。

その中でもシューズの寿命は、経済的にも気になるポイントです。

そこで、メーカー推奨のナイキランニングシューズの寿命をまとめてみたので、参考にしてみて下さい。


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

当ブログランニング関連記事一覧

ナイキランニングシューズ一覧 icon

サイズについて

シューズの長持ち方法





イキ推奨ランニングシューズの寿命まとめ
cfaf4710b9655bad586bc609f266d438_s

ナイキ ズームX ヴェイパーフライ ネクスト%
平均寿命:約400km
アッパーの軽量化により4%と同じ本体重量でズームXの増量に成功。
その結果寿命が倍以上UP。

ナイキ ヴェイパーフライ 4%
平均寿命:約160km
かなりの短命。
練習での使用は控えましょう。

ナイキ リアクト搭載ランニングシューズ
平均寿命:約800〜1000km以上
1000km以上走っても新品同様との声多数。
反発、クッション、耐久、軽量性全てを高水準で備えている万能なランニングシューズ。

ナイキ ズーム フライシリーズ
平均寿命:約800km
リアクト+フルレングスのカーボンプレートの構造でややリアクト単体のシューズより寿命は短め。

ナイキ ズーム ペガサス ターボシリーズ
平均寿命:約600km
足裏がズームX、地面に接する面がリアクト。
ズームX単体よりリアクトが加わったことで寿命UP。
使用者によっては800km以上使用できた例も。

ナイキ エア ズーム ボメロ 14
平均寿命:約800km以上
リアクト+フルレングスエアズーム搭載の特殊な構造のシューズ。
リアクトのみではないため少し寿命が下がるようです。

ナイキ ジョイライド ラン フライニット
平均寿命:約600km
新作なので情報薄めです。
テストを600km実施しているとのことで600kmに設定しています。

その他ランニングシューズ
平均寿命:約480〜800km
かなり幅は広いが、一律上記寿命に設定しているようです。
前足ズームはフォアフット向け、ヒールズームはヒールストライカー向けなどランナーと商品がマッチしていればより長持ちする印象です。
あとはお手入れ、シューズの併用ですね。
最低3日はシューズを休ませられる環境であれば更に長持ちすると思います。
早い方は3ヶ月程度で交換時期となるようです。。。


いごに...
a83b43e5a8e136d176ad4009fa91f810_s

購入者にとっては寿命は非常に気になるポイントです。
シビアに考える方も多いと思います。

メーカーとしても明確な情報をお伝えしたいはずですが、全ての人が同じように寿命を全うできる訳でもないので...難しい問題だと思います。

メーカーとしてはなるべく早い回転率にしたいというジレンマもありかもしれません。。。

購入者とメーカーの溝は埋まらないのかなーとも感じています。

しかし、ナイキではある程度の寿命を公開していますし、リアクトのような併用に便利な長持ちシューズの展開もあるため私自身はそこまで気にしていないというのが本音です。

また、プロランナーも練習はペガサス36やストラクチャー22、ナイキフリーと併用しているそうです。
これは、私のような素人ランナーこそ真似すべきポイントで、ナイキシューズは一足併用ごとに25%寿命が向上するそうです。

2足で50%、4足で100%(1足プラス)と結果として一足を毎日使って数キロで寿命が終わるよりもお財布に優しいベストな環境なのではと思います。

個々で金銭面、拘り、お手入れな様々だと思いますが、本記事をポジティブに受け止めて頂ければ嬉しいです。

楽しく長い間ランニングを楽しめるようサポートしたいと思う今日この頃でございました!!


スポーツブランド攻略BLOG全記事一覧

当ブログランニング関連記事一覧

ナイキランニングシューズ一覧 icon

サイズについて

シューズの長持ち方法




NIKE 公式オンラインストア
スポンサードリンク
記事検索
Twitter プロフィール
ナイキ製品をこよなく愛し、調べ、試したことをブログに綴っております。カテゴリ問わず様々なジャンルを紹介しています。Twitterフォローお待ちしています。
最新記事(画像付)
スポンサードリンク
NIKE 公式オンラインストア
PROFILE

大好きなNIKEを中心としたスポーツブランドのHP攻略法と商品情報などをできる限り詳しく掲載していきます。

Twitter
https://twitter.com/spobrakouryaku

インスタ
https://www.instagram.com/spobra2018/?hl=ja

NIKE製品の購入は
NIKE.com icon

スポンサードリンク





アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

お問い合わせ
読者登録
LINE読者登録QRコード